花、空を想ふ~道草をくらう友の会


むぎ                   人生の道草をくおう。              モノ作り、道草、恋のお話。
by mugi-yumicos
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

旅に出る

なんだか心がどしんと沈んでいる。

何故だろう・・・?
なんとなくは解っているけれど、はっきりしない。

ちっこくてコロコロした石っころのような不安達が、い〜っぱい心の中を転がっている感じ。
今までは石っころをえいえいと掻き分ければ、なんとか楽しい気持ちが残っていた。

けれど此処2、3日は何故かダメ。
何度掻き分けても石っころばかり。

カレにもそんな気持ちを伝えてみた。
けれど睡眠時間3時間のカレに、石っころ除去作業を手伝ってもらうなんて酷なコトは出来ません。
まぁね、その前に電話もメールもうまく繋がっていないんだけどね・・・。

私もやっとこさの睡眠時間が4時間なので、気晴らす物理的な時間もない。


今日はいよいよ身に危険を感じたので、ちょっくら旅に出ました。
こんな時はやっぱり旅に限る!!!てな具合でね。
ロンドンとパリ。なんと豪華な旅でしょう。
バッキンガム宮殿やエッフェル塔を見て、少し現実逃避致しました。
書いてて空しくなりますが、
行ったのさっ、行ったのさ。Google Earthで行ったのさっ。

少しは石っころもなくなったかな。ほんの少しね。


いんや〜今、地図はすんばらしいコトになってますね〜。
次は何処へ行こうかな〜。

忙しくて時間のない人にもオススメです。ま、余計に切なくなるって噂もあるけどね。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2006-11-18 00:00 | 果てしなく続く人生

いい子にしてたら

カレに逢いたい。
手を繋ぎたい。
ちゃんと顔を見て話したい。

別れてからずっとそう思ってきた。
悲しい気持ちや切なさに、何度も押し潰されそうにもなった。
自分を磨いても、逢えないんじゃ意味ないじゃない。って自暴自棄にもなった。

もちろん今も同じコトを思い、同じコトを願う。
けれどそれは悲しい気持ちは持ち合わせていない。

ふとした日常の中でほんのりと思う。

少しは成長したようで・・・。

カレとの電話で
『あのさ〜、いい子にしていたらサンタさん来る?』(←私29歳ですけど?)
と言ったら『来るよ』と即答。しかも私が言い終わる前に即答。
正直、絶対に『何が?』とか『えっ?』と一度は聞き返されると思ったから『来るよ』の時の返事は用意していなかった。
『今絶対に聞き返されると思ったのに』と言ったら『【いい子にしてたら】って言ったからすぐにクリスマスの話だって解った。大好きなクリスマスでしょ?』とな。

カレはハロウィンの時もそうだった。
『今年は何したの?』と何も言っていないのに聞いてくれた。街でカボチャを見て思い出してくれたそうな。『大好きなハロウィンでしょ?』って。

クリスマス、一緒にいられたらいいな。
サンタさん来るといいな。
いい子にしないとな。

私達、いつか恋人になるのでしょうか?世に言う恋人とあまり変わらない気がするから、このままでもいい気がするけど・・・。この謙虚さ、いい子ポイント一点追加だわ(笑)って笑う余裕も出てきた。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2006-11-14 18:08 | 恋のお話

お江戸でござりゃんせ。

e0030814_1145932.jpg

すっかり冬の匂いですね~。
というわけで、東京砂漠にまみれてます。
案の定、急激な温度差にやられました。
昨日は一時間しか眠れていなく限界も近いけど、ホットカルーアなんぞ飲んで、失った秋の夜長を楽しみます。
・・・ってか、ほんとカルーアは甘過ぎますなぁ。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2006-11-10 01:14

テレビの力

またしても連投ですが・・・。

昨日『泣きながら生きて』を途中から観ました。

ひっさしぶりに早い時間にホテルに着いて、灯の少ない部屋を明るくするために点けたテレビ。
観ようともせずに、i-podを再生させ音楽で自分を取り戻そうとしていた。
もちろん、テレビの音量はゼロに近しい。

カレと電話をする約束をしていたので、少ししてお風呂に入りドライヤーで髪の毛を乾かし、ふぅっとため息をついてやっと、私はテレビに目を向けた。

13年間、会えなかった夫婦。
医者を目指す娘のために、細々と暮らす夫婦。
お互いに様々な思いがあったと思う。
会えるまでの奥さんの笑顔。旦那さんの笑顔。
最後、別れる時の二人の表情。不器用な別れ。
本当に涙が止まらなかった。自分のコトのように、胸が引きちぎれるかと思った。

空港で奥さんが『あの人を疑っていたこともある』と言った時、なんだか真の強さを感じた。

私もカレを疑っていた時がある。
しかもそれを口にしてしまっていた。
そこからは何も生まれず、お互いに信頼が薄れていくだけだった。

けれど奥さんは旦那さんを信じていた。
異国の地でたった一人働く旦那さんを信じて信じて、愛して生きてきたのだと思う。

一緒にいられないと意味がない。
そう思う私もいるけれど、昨日の夫婦はお互いに支え合い心を寄せ合って生きてきたのだなと思うと、本当に涙がいっぱい出た。
時間が作りあげた夫婦の絆を痛いほど感じた。

私もいつかお互いを心から思いやり、しっかりと結ばれた相手に出逢いたい。

いつか機会があったら、みなさまも是非観て下さい。

昨日、途中からでも観られてよかった。
久し振りにテレビの力を感じました。

いや〜、なんといっても編集がよかった。
二人が会うまでの時間と、会った時に変に感動を求める演出がないのと、別れた後の余韻が心に染みてきた。これは本当にディレクターと編集マンの腕だと思うな〜。
つい一人で『憎い編集だね〜』と言ってまた泣いてしまった。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2006-11-04 13:52 | 道草

大人の絵本タイム

バムとケロのにちようび
島田 ゆか / 文溪堂
ISBN : 4894230429
スコア選択:


連投ですが・・・。
かえるさん見てるかな?
かわいい家族が増えたようなので、こっちも見てみて下さいな〜。
ほっんとにかわいいの〜。
大人にもオススメの絵本です。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2006-11-04 13:21 | 道草

e0030814_11515314.jpg

当日にアップ出来なかったので、今年はシラを切るコトにしようと思ってましたが(笑)、ひっちーのご要望にお答えして・・・。

今年もやりましたよ~。飾り付けもはりきりましたよ~。お菓子も仕事場の人からいっぱい奪いましたよ~。

だけどここにはジャック・オー・ランタンにふさわしいオレンジのかぼちゃがなく、いつものかぼちゃで・・・。
これもこれでカワイイっす。
みんなで楽しいハロウィンでした~。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2006-11-04 11:51

是また勉強

ブルーになっていた夜中、一つの答えが出た。
会がお開きになってからもね、その人達に愚痴をいっぱい聞かされ『最後に確認しますが、本当にイヤでよろしかったでしょうかぁ?』と笑って聞いてみても『悪いけどホント無理』で締めくくられたから、どうにかせねばと一生懸命に考えた。

出してみた答え。
『もし私もぐっちゃんぐっちゃんに言われていても、私はその人達を嫌ったり憎んだりせずに、優しく楽しく接しよう』
これは母の言葉でもある。
今までは意識してこなかったけれど、やっぱ染みるな〜と思った。

次の日から一層、アホなコトをやらかしてみた。
(例えば、自分達管理のジュースの自動販売機に『塩辛』の瓶詰めを入れてみたり・・・買った人ごめんなさい。※よいこは真似しちゃいけません)
仕事も自分の範囲にプラス1頑張ってやってみた。
そしたら少しは緩和されるかな〜って思って。
気が付いたらまた楽しい感じになっていた。

そしたら今日ね、新事実が発覚。
『あの日さ〜、かなり悪酔いしたよね。次の日も頭が痛くて機嫌も悪かったし』
って、みんな覚えてないんかいっ!!!

私の地球防衛軍並の対策は全く関係なかったのか・・・。

だとしても、私は一人で考えて見つかった答えはあったし、悪口を言われてしまった男の子もそれなりにHPは上がったと思う。
私が『いつもどっか壁がある』と言われている理由も自分でもよぉく解ったし。(どんだけ『心開いてない〜』と言われても、悪口大会に参加は出来かねますが・・・愚痴なら勿論聞くけど)

まぁ勉強になりました。
一番、解ったコト・・・私ってどこまでも小心者の気にしいだってコト。
ま、ホント皆が笑顔だったらいっか〜。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2006-10-26 21:38 | 果てしなく続く人生

あと少し

本日2回目。

東京に戻ってからの生活を時折考える。

今のままだと勿体ない。
今いるトコロは、ある意味広い世界だけど、ある意味窮屈。

世界には私の知らないコトがいっぱいあって、まだ見ぬ景色もいっぱいあって。
出会ってない人は数知れず。

人の為に何かをするのは好きだけれど、自分を曲げてまでマニュアルに添いたくない。

カレとこの先どうなるか解らないけれど、東京に戻ってカレも仕事が落ち着いたら先のコト話そうねとなっている。カレは何を話すつもりなんだろう。きっとカレのコトだから、特にプランはないけれど、とりあえず話してみようじゃないのってな具合だと思う。

私達はやっぱり恋人ではない。
けれど言葉に表せられない何かがそこに存在する。
恋人ではないのに、私は平気で感情をぶつけたり押し付けたりしてしまう時がある。
カレはそれをしっかりと受け止めてくれるのも確か。

こう心の中が何かでモヤモヤしている時は、やっぱりカレに話すのが一番安心する。
この人は人を無闇に嫌ったり、貶めたりはしないだろうなって思うから。
そういう人と一緒にいるのが一番楽しい。

イヤな出来事も悔しい出来事もいっぱいあるだろうけれど、そこから何かプラスのコトを見つけないと、もったいないって思うから。
ただ感情にまかせて一瞬スッキリしても、そこから何も生まれない。
人には様々な感情があって、裏の裏の裏には真実も隠れていて、それも見ずに突っ走っても、しっぺ返しをくらうだけだと思うのは私だけだろうか・・・。

カレに早く逢いたいな〜。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2006-10-21 15:35 | 果てしなく続く人生

天気とは裏腹に

あっつい国からお届します。

またもやお久しぶりですが、皆様お元気ですか?
私は少しヘコタレ気味・・・。

人の嫌な部分を見てしまって、なんだかブルーでしょうがない。
ちなみに私は酔わない性分なんで、酔うとガーっと人を責めたり悪口(愚痴ではなく悪口)が出てくる人の翌日の心の仕組みがわかりやせん。

昨日もそんな感じ
『ここに居たくないな〜。さっきから悪口大会だしな〜』とかなり居心地が悪かった。
あんまりの白熱ぶりに、誰が嫌なのか誰に文句を言っているのかも解らん程・・・。
途中、私に絡んできたけれど、それが文句なのかナンなのかも解らない。
まぁ小心者の私は文句を受け取ったけど・・・。

果たして、こんなお酒は楽しいのか?
とずっと考えていた。

シラフの今、その人は何を考えているんだろう?
気にしたりはしないのかな?
スッキリしたのかな?
こっちはやり玉にあがった人が気になって、全然スッキリしないよ・・・。

あ〜、ワインとか飲みたい。
私も酔って忘れたい。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2006-10-21 14:56 | 果てしなく続く人生

時は経ち・・・

と、いうわけで
またもや東京を離れました。

飛び立つ前は、かな〜り辛かった。
眠れないのはいつものコトながら、やるコトも2倍3倍に増えてしまって、なにがなんだか頭がウニ。

けれどやっぱり好きで選んだコトなので、楽しんで乗り切ろうと思います。

天気があんまり芳しくなく、星空がまだ観られていないの。
早くすっきりお天気にならんかな〜。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2006-10-04 22:44 | 果てしなく続く人生

眠いのです。

いつも眠くて
ぐったりしていて・・・。

本当に自分の時間がないってつらいんだな〜。

カレのコトも不安になりかけてしまった。
不安というか不安定というか・・・。

そんな時、やっぱりカレは優しくて
たまぁに私はカレの人さし指でぐらぐらしている弥次郎兵衛なのかと思う。(漢字になると立派にみえる)



昨日は本当に身体も心も厳しくて『いっそこのまま倒れてしまいたい』と涙した。
まぁ無理だけどねっ。思っただけだけどねっ。

家に着いた午前2時。happyになろうと
ベットミドラーを心で歌ってもダメ
お香を焚いてもピンと来ない
朝は午前6時半起き。

ベッドにごろんとなりながら、撮り貯めた『サザエさん』でも観ようとDVDを再生したら海外ドラマのDVDだった。サザエ撮れてなかったや。

早く眠ればいいのに・・・。
自分でも思う。けれど休みと睡眠時間がない生活が長期に渡ると、無理矢理にでも自分を取り戻す時間が欲しくなる。

なのに動けないから、無駄にぼうっとしている時間が長い。
何かを
作ったり
創ったり
造ったり
したいのだけれど、頭はウニなので画面を観ているのがやっと。

昨日は本当に限界だった。
今もそれが続いているけど・・・。

あ〜、一日でいいからゆっくりゆっく〜り眠りたい。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2006-09-05 00:48 | 果てしなく続く人生

もし


もし涙がいっぱい溢れたら
 
夜空を星でいっぱいにするよ
君の涙がこれ以上こぼれないように


もし暗闇で前に進めなくなったら

キャンドルをいっぱい灯すよ
君の進む道がいつも照らされているように


もし心が風邪を引いたら

ブランケットをそっと掛けてあげるよ
君の心がいつもあったかくあるように


もし悲しい世の中でいっぱいになったら

ちいさなお花をいっぱい咲かせるよ
君がいつも笑顔でありますように


もし優しさを失いかけたら

真っ白な羽根で包み込むよ
君がいつもみんなに優しくありますように



もし孤独を感じたら

僕の歌を風に乗せるよ
君が僕をいつも感じますように


いつでも見てるよ
いつでも傍にいるよ
君が在るかぎり


ちゃんと歩いてね
ちゃんと空を見上げてね
ちゃんと風を感じてね


もし僕が君の目の前から消えてしまう日がきても

泣かないでね
悲しまないでね
強くあってね


僕がいなくなっても
僕の気持ちは永遠なんだ
それは強く言えるんだ
[PR]
# by mugi-yumicos | 2006-08-30 02:06 | 果てしなく続く人生

消えた時間。

またか〜。またもやか〜。

↓下の記事を書いてすぐ

昨日新しくしたアタシの携帯電話。
明け方までかかってデータをプチプチ入れたアタシの携帯電話。
着メロもダウンロードして、アタシ色に染めた携帯電話。

友人からのメールに返信をしようとしたら、そのまま二度と電源が入らなくなりました。ぷっ。
充電器を差し込んでみても、電源が入る兆しナシ・・・。

またもや昨日のショップへ。
そしてまたもや電源が入らないため、データも見事に消えました。

ショップの方々は私が暴れるんじゃないかと思っていたのか『優先的にご案内させて頂きます』『本当に申し訳ございませんでした』とものすごく丁寧だった。
暴れませんよ、私。

まさか昨日新しくしたばかりなのに、今日壊れるとは思っていなかった。
バックアップ、バックアップと↓下に書いておきながら、経過のデータしか保存していなかった私が悪い。

本日も、プリペイドカードを頂いた。
そして最後に思い出したように、ファーストフードのフライドポテトのサービス券も。

なんだか小学生の時のラジオ体操を思い出した。
ハンコを押してもらうカードに、何故かポテトのサービス券が付いていたような。
あの頃を思い出して『よくデータを入れ直しましたね』とハンコを押してもらったみたいで、一人で笑ってしまった。

昨日の苦労はなんなのさって思ったけれど、なんか一気に憎めなくなったな。
まぁでも、とにかくみなさま気をつけて〜。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2006-08-18 23:35 | 果てしなく続く人生

消えた思ひ出

携帯電話がご機嫌ナナメになりました。

昨日の昼過ぎ、電話をしようとカチャッと開けたら『wait』状態。
そして白画面。そして真っ黒。
以下それの繰り返し・・・。

電源を落としても、電池を外してキレイキレイしてもダメ。

電話がないと仕事が出来ない。
というコトで急いでショップへ。

『着メロをまたダウンロードしなきゃいけないのか〜』とのほほんと考えていたら言われた一言。
『再起動を繰り返していますので、データを移行できません』
『はい?今なんて?』
『修理に出してもデータは残せませんし、このまま新しいモノに・・・』
『データ保存は最近していないんですがダメですか?』
『申し訳ございません』
『どんな手を使ってもダメですか?もう一度諦めないでチャレンジして下さい。(私はコーチか?)本当にダメですか?メールも?取った画像も?』
思い出も?と言いたくなったが止めといた。(大人だから)

というコトで、500円のプリペイドカードと同機種ニュー携帯電話を受け取った。
500円か。私の思い出・・・。

着メロなんてまたダウンロードすればいい。
番号が解らなくても、仕事の人なら周りに聞けば解る。
友達もきっとかかってくる。
でもでも、みんなからもらったお誕生日メールは戻ってこないのよ〜。
滅多に撮らない画像も戻ってこないのよ〜。くっやしー。
カレからのメールもいっぱい残してあったのに・・・。

でも実はなんとなくこうなって当たり前な気がする。
最近、今のは10ヶ月くらい使ってるからそろそろ・・・なんて思っていたし、上司の携帯電話がビロンビロンになっていて『どうしよう』と言われ、私は色んな機種情報を集めていた。まさか私の方が先に壊れるとは。
『気に入っているけど、もう少し傷が少なければな』なんて考えていた。
『でも今買っても一年経ってないし、もうすぐ番号ポータビリティーになるし』なんて思っていたが、今のを愛してなかった。ごめんよ。
携帯電話との思い出を考えていなかったよ。

そりゃ思い出も消えるわさ。

新しいのもなんだか変なんだけど・・・。突然圏外になるしメールも送れない時がある。もう勘弁して欲しい。

でもこれを機にいっぱいだったメモリーもだいぶスッキリしたし、いろんなコトを一から構築出来るし・・・これからはマメにバックアップをとろうっと。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2006-08-18 10:27 | 果てしなく続く人生

今更。

遅くなりました。
みなさま、メッセージありがとうございます。

やっぱりカレは私の誕生をすっかり忘れていて、一日遅れでオメデトメールをもらったのでした。嬉しかったけど。

最近、本当に身体も心もヘットヘトでした。
仕事に対する思いよりも疑問の方が上回ってしまい、若干のストレスを感じずにはいられませんでした。

そんな中でもカレとはたまぁに電話で話していて、身体に対する不安と人に言えない不安をぶつける日もありました。

逢いたいと何度言葉を重ねても、逢うコトが出来ない現実。
未だチラチラしてくる元カノさん達。(ホントもうそろそろいーっしょ)

カレに対して優しくありたいと思っても、心が弾けてしまう時もあるわけで。

とうとう私達はまた、喧嘩をしてしまいました・・・。
私はカレの気持ちをきちんと考えていなかった。

誕生日を忘れるのも、少しも逢う時間がないのも、カレの方から連絡があんまりないのも、カレにとって私は大切じゃないからだと思ってた。

こんな中途半端な時間ばかりが過ぎて、私達は何も進まないじゃないのって。

けれどカレは、電話で言いたいコトをガーガー言う私に『俺も変わろうとしているんだ。ちゃんと色々考えているんだ』と言った。

知らなかった。いや、気が付かなかった。
カレをずっと見てきたはずなのに、カレをずっと想ってきたはずなのに、私は結局カレの心の奥をみていなかった。
よく考えれば、前のカレとは全然違う。
忙しくても電話に出てくれるし、逢えない時間へのもどかしさや仕事のイライラでお互いに喧嘩腰になりそうになっても、カレが『あっぶな。今喧嘩になるトコやったね』と優しくなだめてくれる。

お恥ずかしながら、私は一歩も成長せずにカレに甘えてばかりでした。
ももカフェ日記や(もはや道草をくっていない)ココで、色んな人に応援してもらって元気をもらっていたのに、変わっていないのは私でした。
別れても好きな人。演歌ばりにカレをひた向きに想っているように見せかけて、実は私ってば何も考えていなかったのかも知れない。

本当に情けないし恥ずかしいし、自分がくだらない。

一昨日、四ヶ月ぶりくらいにカレにちょこっと逢いました。
そこでも喧嘩になりながら、お互いに気持ちを話し合った。
こうも喧嘩ばかりだと、俺達気が合わなくて無理なのかも・・・とカレは言った。
確かにそう思う。
意地の張り合いがそうさせているってお互いに解っているのだけれど、仕事でヘトヘトの時はやっぱり声を聴くだけで安心したい。ケンケンした雰囲気だと電話するコトも嫌になる。そんな当たり前のコトを解っていながら、私は心のどこかで『私ばっかり辛いのかな』と思っていたのかも知れない。

大切にしたいのに、相手に思いやりをもてないんじゃ一緒にはいられない。
思いやりを持っていたつもりだったけれど、それがカレに伝わっていないのならナンの意味もなさない。ただの自己満足でしかなかった。

喧嘩もね、嫌いだけどたまにはいいコトもあると思う。
普段照れ屋過ぎるカレと、何も言われないと自身のない私にはたまぁにホントにたまぁに、こうしてお互いに気持ちをぶつけあうと解るコトもある。

本当のところ気が合わないのかも知れないし、いつまでも平行線を辿るのかも知れないけれど、こうして想いがある限り、私はカレのそばにいたいと思う。

もう一度、カレの言葉で好きと言ってもらいたい。

気が付くのおっそいよ。と自分に突っ込みをいれながらも、カレを大切にしたい。
まぁ、大切だし一緒にいたいのに『好きではない』というカレの心は解らないけれど、情なのだろうか?とも思うけれど『俺のマイナス言葉は信じるな』と言われたので、そこら辺は気にしないでおこう。

私っていつまでも子供のままだな・・・。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2006-08-16 11:06 | 恋のお話