花、空を想ふ~道草をくらう友の会


むぎ                   人生の道草をくおう。              モノ作り、道草、恋のお話。
by mugi-yumicos
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

なら燈花会

e0030814_073259.jpg
ただいま〜。行って参りました!
28歳、最初の道草。
『なら燈花会』
たっくさんのロウソクの灯に癒されて来ました。

もうね、言葉に出来ないくらいに素敵でした。
6日が初日だったのですが、思っていた程人は多くなく、友人とぶらりぶらりと猿沢池から興福寺、奈良国立博物館を通り、浅芽ヶ原から浮見堂、そして浮雲園地と春日野園地と歩きました。

ぼんやりと灯る光が、何だか心を落ち着かせてくれ、本当に夢のようなヒトトキでした。

が、が、晴れ女だと思っていたのに、雨がパラパラ。そして雷。
友人が恐がってしょうがなかったので、21時ちょいと前には引き上げました。

さて、泊まる場所も取っていなかった私。
取り合えず地図とにらめっこして、奈良の健康ランドへ。
『まぁ、お風呂と寝る場所が確保出来れば・・・』くらいに考えていたのですが、何と23時からミッドナイトプランということで3000円くらいで併設しているホテルがとれました〜。ホント、かなりついていました。

もうね、長くなるので止めときますが、本当に素敵な2日間でした。
今回はかなりの突撃な旅でしたが、満足満足♪
そして、あまり食事をしていないのに、何故か体重も満足・・・。
これはちょっと困ったな。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2005-08-08 00:23 | 道草

道草くってます

今日、明日と道草をくいに行ってます。
はじめての携帯電話からの投稿。ちょっとどきどき。

新幹線に乗り込むわけですが、例の『私も行く~』と言った携帯電話に見切りをつけた友人と、果たしてちゃんと会えるのか!?
東京駅は人で溢れ、アバウト過ぎる私達は待ち合わせ場所も確定せず。追い打ちをかけるように、友人は携帯電話を持っていない・・・。

大冒険はもう始まった。
わくわくしてきた。
では。オナカいっぱいになってきます。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2005-08-06 13:13

二人のリズム

昨日、彼は約束どおり電話をくれた。

正直、期待していなかったのでとても嬉しかった。

たわいもないコトでいっぱい笑った。
笑いながら話をしている時、なんとなく『これは二人のリズムだよな・・・』と思った。

たわいもなく繰り返される会話は、他の人にとっては本当にどうでもいいコト。
けれど、そのどうでもいいコトを笑いながら話していると、何だか心地いい。

忙しい時はそっけないけれど、心を亡くしていない時はこんなにも楽しいんだと思った。

『あのね』と言うと、電話の向こうから聞こえる『ん?』という優しい声。
この声を聴きたくて、私はくだらない駆け引きをしてしまうのかも知れない。

昨日も、この気持ちを伝えたくてしょうがなくなった。
『あのね。いっぱい喧嘩して、もう知らない!って思ってお互いに傷つけ合っても、結局こうやっておしゃべりしちゃうね』
『そうだね』
『すっごくムカついても、どんなに嫌っても、私きっと、あなたのひいおばあちゃんくらいにあなたを理解していると思う』
『ひいおばあちゃんは、もういないよ』
『あ、ごめん。・・・じゃあ世界で一番理解しているもん。まいったか~』
『残念。一番は他にいます』
『・・・あら、そう』
『それは俺だ~!はっはっは』
『・・・ふ~ん』
『あっ、ふ~んなんだ。突っ込むトコなのに』
『うん。とにかく私がいっちばんだよ~』(←彼の話はたまに流します)
(くだらなくてすみません)

絶対に否定されるか怒られると思ったから、こうやって冗談で返してくれたのが嬉しかった。
これは一見、かわされているようですが、彼の場合は違うのです。
何年も一緒にいて、ようやく解ったコト。

昨日の二人は、ちゃんとまぁるくなっていました。
お互いを思いやり、優しい言葉を掛け合い、どこか切なかった。

愛しいと想う
憎いと想う
優しいと想う
切ないと想う
その想いの全てが恋なんだ

彼がちゃんと信じてくれるまで、こうして気持ちを伝えていこうと思う。
それにしても、なっがい片想いだな~。
全日本片想い協会のかなりの古株だわ。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2005-08-05 16:04 | 恋のお話

夏の陣〜その後

本日、3度目の更新です。
私、話が長くてまとめられないから・・・。

友人に送った『夏の陣』届いたそうな。
今、携帯電話を放棄し、パソコンメールも持たずに実家で生活をする彼女。
だからもっぱら話はおてまみ。食事の誘いもおてまみ。
でもそれがまた、心地よい。

『何か変な友の会から手紙が来たのだけど。知ってる?』
『え〜。何それ』(ちなみに私の名前は一切書きません。一応住所は小さく書くけど)
『って、こんなの送るのあんたくらいでしょ〜。前も布で来たよね。家族みんなで君の郵便には驚かされるんだよ』

そして、夏の過ごし方が決まった。
本当は独りで行こうとしていたモノに、彼女も一緒に行くコトになった。
それはまた改めます。

こうして人生の道草がふえて行く。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2005-08-04 22:24 | 道草

彼の優しさ

昨日のゴハンから帰ったその後・・・。

夕方に彼と電話で話し『また掛け直す』と言われ放置。
もう夜中だったので、掛けてもいいだろうと電話をしたけれど出ない。
同じ業種だと仕事の流れも解る。だから繋がってもいいはずだった。

モヤモヤしてしまった。
ちぇって思った。
ここまで来ると、何故連絡を取るのかさえも解らなくなっていた。
彼を信じられなくなっていた。

くさくさしたまま眠っていると、朝方5時にメール。
『ごめんね。気が付いたら爆睡してた』と。
色々な感情が巡った。

優しい気持ち
まぁるい心
トゲトゲしい思い
いじわるな言葉

けれどそんなんじゃダメだって思って、さっき(21時頃)『こっちもごめんね』ってメールした。
そして、とりあえず着信を残してみた。

そしたら、掛かってきた!
またすぐに『掛け直す』と言われ(いっつも肝心な話が出来ないよ)
『必ず掛け直す』と副詞付き。

一番欲しいのは、
キッラキラな宝石でなく
長電話でもなく
逢う時間でもなく

思いやりの気持ち
優しい気持ち
ただ、これだけなんだ。
今はそれで充分なんだ。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2005-08-04 22:01 | 恋のお話

スプーン一杯の愛情

昨日、仕事の先輩と飲みに行った。

そう、そこは『注文の多い料理店』ならぬ『メニューのない料理店』
シェフにお任せな感じ。

私たちの他には、素敵な女性二人組。
美味しい料理がドンドン出てきて、お酒も進みました。
気が付いたら、シェフとその女性二人も交えて、みんなで盛り上がっていた。
しかも、同じ業界の人々が集まるお店だった・・・。狭い世界。

料理がね、すごかったんです。
スープと前菜、そして魚料理が5つ続いた・・・。
ワインを持ってきてくれた方が『言わないとドンドン作りますから』と言われた(笑)
『もう、限界です』とシェフにつげ、カレーで閉めた。(←変な閉め方。まぁごめんなさいしましたけど)

とても楽しく、本当に素敵な料理だった。勿論、お値段もそれなり。
まぁ素敵だとしても、それが自分に合うかどうかは別ですけどね・・・。

そこで聞いた話。
そのシェフは、恋人におにぎりを作ってもらったら『あ、この子は今日別のコトを考えながら作ったな』とか解るって。味が全然違うらしい。
それほど、愛情というスパイスは大切らしい。
例えそれが恋人でなくても、食べる誰かの為に愛情が入っていたら、それだけでも素敵なスパイスになると。

何にしても、愛情は大切ですね~。
それにしても、本当に昨日はオナカがはちきれそうだった。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2005-08-04 15:06 | 道草

サボってみました

みなさま、コメント遅くてごめんなさい。
あと、リンクも遅くてごめんなさい。

今日は仕事場に行くのを止めて、美容院へ行った。
こりゃ、道草どころじゃなくてサボりだ・・・。

つやっつやな髪になって、彼に色々と身体のコトをメールで白状してみた。
心配するだろうからって黙ってたコトがいっぱいあった。

ま、返事はないから、かなり怒っていると思われ・・・。
仕事がいっぱいいっぱいみたい。
そんな時に色々言われても、逃げたくなるよね、そりゃ。

こないだの友人へのおてまみ、やっとポストに投函しました。
大きさが規定外だったので郵便局に持っていったら、友人の住所を書き忘れていて、とりあえず切手だけ買おうと思った。
窓口に持って行くと、すっごい怪しい表情。
『今は120円ですが、封筒に入れますと・・・』と言う。
『いや、このまま送ります』
このやりとりを計3回。

ちゃんと透明ビニールに包んでるのに・・・。
まぁ気にしてないけど。

明日は仕事場に行かなきゃ。
しかも彼と同じ場所。
外回りの彼はいないと思うけど、ばったり逢えたら嬉しいな・・・。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2005-08-03 01:04 | 道草

何が強さか

おお〜。
ももカフェっ娘がいっぱい来てくれた〜。
みなさま、ありがとうです。

昨日、夜中に彼から電話があった。
誤解がとけたのかどうかも解らず、優しい声が遠くから聞えた。
彼はすぐに忙しくなって、30秒も話していないけれど・・・。
まぁ、それだけでもいいのかなって思う。いや、思った。

なのになのに今日、友人を食事に行った時、身体のコトを心配した友人は
『同じ男として、その行動はありえない』と怒っていた。
それは、具合が悪くなっても駆け付けなかったり、いつまでも話すコトを延ばし延ばしにしているコトが許せないらしい。

解るけどね、解るけど、今の彼の状況をみるとしょうがないって思う。

少し、距離を置こうと思う。
友人の話もいちりあるし、今のままでは何の解決にもならないし。

きっと彼は、私が距離を置いたことすら気が付かない。

私が心をどこに置くか・・・それが未来に繋がるんだ。
ちょいと休憩。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2005-08-02 00:15 | 恋のお話

夏の陣

結局、彼は未だ連絡取れずです。

そうなると、たまに『もういいや〜』と投げ出したくなる。
何が自分の本質なのか、ごちゃまぜになる。
あとでまた、メールしてみよう。

今日は新しいテレビとDVDレコーダーが届いた。
映像に携わるモノとして、壊れたままのDVDとビデオはきっついから。
ビデオなんて観るのに命がけでした。
早送りなんぞしようものなら、テープがビロビロビロ〜ンとなってVHSがおじゃん。

やっと今日から、ビロビロお化けに悩まされずにすみます。
ちょっとお高いお買い物でしたが、素敵な映像ライフを送ろう〜っと。

そして友人に贈り物。
和紙で出来た『席次表』に筆で『友の会 夏の陣』と認めました。
いっつもこんなおてまみ。
団扇、ダンボール、モビール、布きれ・・・全てまんま送る。
本日は中に、夏の過ごし方を書いてみました。
一、河原に石っころを投げに行く
二、風鈴祭に涼を探しに行く   などなど
さて、友人はどうでるか。

さっきまで、遠くから盆踊りの祭りばやしが聞こえていた。
何だか気が付いたらポロポロ涙が出ていた。

彼との夏を思い出す。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2005-07-31 21:10 | 果てしなく続く人生

おっちょこちょいのちょい

昨日、学生時代からの友人と飲んだ。

一昨日に決まり他の子も誘おうとしたのだけれど、あまりに急過ぎて結局二人ぽっち。
私は誰が何人いようが、その場を楽しめればよし!な感じ。

19時過ぎに渋谷で待ち合わせ。
『ハチ公の鼻を撫でながら待ってるよ〜』と言ってはみたものの、そんなこっぱずかしいコトは出来る訳もなく、普通に会った。

お酒は二人を愉快にし、ほろ苦くもした。
友人は『俺は彼女のためなら、どんなコトでも出来る。あいつをずっと守りたい』と。
『結婚したら、毎日楽しいぞ。だって世界一好きな人が待ってるんだぜ』

・・・泣きそうになった。
彼の今までを見てきたから、何だか本当にいい恋に出会えたコトが嬉しかった。
私も相手にそう言われる女性になりたい。

私はあまり友人に、彼のコトを話していなかったのだけれど、ついつい色々話した。
他にも映画の話、世界情勢・・・話は尽きることなく、横浜方面に住んでいる友人は電車がなくなり、最後はマン喫へ。私は懐かし漫画に明け暮れ、彼は5時まで爆睡。

本当は今日、映画を見に行くつもりだったけれど、結局昼過ぎに起きてしまったので、そこから仕事をして、地元をぶらり。
買い物に明け暮れ、好きな彼に電話。
仕事中の彼から『遊び過ぎじゃない?』と一言。

・・・私、友人に『ありがと〜。楽しかった』とメールをしたつもりが、彼に送っていました(泣)よく間違えるんです。メールの相手。

電話を切ってから何度かメールをやり取りして『隅田川の花火みたい』と送ったら
『いってらっしゃい。昨日の人と』とな。

完全に誤解している・・・。私としては、勿論やましいコトなんてないから、いい訳も何もせずに、自分のおっちょこちょいを謝っただけだった。
それが余計に誤解を招いたのかな。

何だかアホな自分に嫌気が差して、返信出来なかった。
あとで電話してみよう。
きっと彼は仕事で忙しいと思うけれど、ちゃんと話さなきゃ。
そんなコトで嫌われてどうする〜。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2005-07-30 18:27 | 果てしなく続く人生

逢いに行く

最近、少し体調が悪かった。

彼にとても逢いたかった。
私はようやく、仕事が落ち着いたけれど、彼は寝る時間もままならない程。
身体のコトを話し合おうと何ヶ月も前から言っているのに、その時間もなし。

昨日は本当に辛くて、夜中にえいって彼の仕事場まで行った。
彼に逢う前に色んな人と遭遇して、その人達が『むぎ〜』って大声で言うから、いるコトがばれちゃった。こっそり行ったのに。

夜中に人がたくさんいたから、どさくさに紛れて彼の隣りに座ってみた。
そりゃ話せなかったけれど、何だか落ち着いた。

最後に自分のカサブタを取って、私に渡そうとした時の笑顔にクラクラした。
(・・・子供のような行動は置いといて)

もし、もし、こんなもしは変だけれど
天国に行く時に、一つだけ笑顔を持って行っていいよって言われたら

仕事がうまく行った時の笑顔
美味しいモノを食べた時の笑顔
面白ジョークを考えついた時の笑顔
お金をいっぱい手にした時の笑顔
写真におさまる時の笑顔

愛する人に出逢った時の笑顔
・・・私ならコレを持って行こう。

そう思えた夜だった。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2005-07-29 00:32 | 恋のお話

荒波を乗りこなす


今日は関東地方にまた、地震がありました。

仕事場が高層にあるので、部内のみんなで慌ててました。

そんな折り、仕事の後輩から美味しいごはんの会の催促・・・。
『あんた、のん気さんやね』と地震のコトを告げたら
『バランスボールに乗っていて気が付きませんでした』とな。
ってかそんな時に私にメールしてきたのか・・・。

『バランスボールよりも、社会の荒波を乗りこなすのよ!』と一言。

今、仕事で胃痛の酷い私は、うまく乗りこなせていない。
お天気上司は、たまに台風になるから、人としての仕事をしない。
いくらビジネスと言っても、力でモノを言っちゃぁいかんよ。

くさくさしたので、本日は道草をくいました。

ウィンドウショッピングをして
タコ焼きの匂いをたどり
石っころをけっ飛ばし

スーパーの半額シールをおまけでつけてもらい
デパートの靴売り場でうっとりし
友人のメールで一笑いする

そして誰もいなく、まだ住み慣れていないお部屋に戻る。

久々に友人と長電話。
そしてゆったりとバスタイム。
そしたら少し、頑張れる気がしてきた。

私は人として仕事をしよう。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2005-07-29 00:07 | 道草

はじまりのはじまり

こんばんわ。

むぎと申します。

高速道路から見る、東京タワーや六本木、新宿があまりにも綺麗だったので、今日からブログを始めるコトにしました。

ももカフェという素敵なサイトで、一年間日記を書いていました。
それが日課になり、そこで出逢った素敵な人々ともっと交流を持ちたくなり、よしっと思って書いてみることにしました。

ももカフェを飛び出すのは、少し勇気が入りました。
だから、何となく急に辞めてしまうかも知れません。

が、とりあえす、本日は「はじまりのはじまり」というコトで・・・。

ももカフェの日記を読んで頂ければ、プロフィールは何となく解ると思いますが、仕事人間です。別れたり、恋をしたりという曖昧な人がいます。

まぁ、他は追って・・・。

ももカフェをどうやってリンクしたらいいのか解らない・・・。
[PR]
# by mugi-yumicos | 2005-07-28 01:41 | 果てしなく続く人生