花、空を想ふ~道草をくらう友の会


むぎ                   人生の道草をくおう。              モノ作り、道草、恋のお話。
by mugi-yumicos
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

石鹸シャンプー

ももさん、オレンジさんも使用中の石鹸シャンプー。

私も周りに『解った解った』となだめられる程に推奨していたのにも関わらず、南の生活で紫外線をたっぷりと浴び、乾燥地帯にどっぷりと入り浸り・・・。
しかもホテルのシャワーがちょろんちょろんのお水で、もこもこの泡を作り出すコトも出来ず・・・。

と言い訳を並べたトコロですが、あっさりいうと一時中断してしまいました。

東京に戻ってからも使っていたのですが、もはや色も抜けた毛先を切りに行った美容院で『・・・』と黙りこくられてしまった。
石鹸シャンプーにも合う合わないがあるのかな?
実は延べ3ヶ月くらいは使っていたのだけれど、その間は抜け毛がごっそりあったし、長く使っていてもリンスを丹念にしてもバリバリしていた。それに加えてあの紫外線。

そりゃ美容師さんも唸りますわ。
『石鹸シャンプーを使い続けたいのですが』と懇願してみたが『取り合えずトリートメントで栄養分を入れてあげないと』と困り顔。
ケラスターゼのシャンプー・リンス・トリートメントを丁寧にしてもらった。
触り心地が違うのナンの。一気につーるつるになった。

これが化学の力か・・・。と一瞬思ってしまったけれど、今はしょうがない。
髪の毛がバリバリでイヤだなとか抜け毛が多くて気になるな。とかがなくなって、触るのが楽しくなるなら、今はそっちを優先させてみる。
せっかく地球に優しい女でいようと思っているのに、それが心の負担になっちゃうのも意味ないしね。
なので今はケラスターゼを使って、なくなったらまた石鹸に切り替えたいな〜と思っています。

髪に関しては一時休止だけれど、キッチン洗剤や洗濯洗剤は石鹸を使っているし、心はいつもロハスを意識していこうと思う。
無理せずに自分のペースでいかないとね。
[PR]
by mugi-yumicos | 2006-11-20 16:23 | 果てしなく続く人生

旅に出る

なんだか心がどしんと沈んでいる。

何故だろう・・・?
なんとなくは解っているけれど、はっきりしない。

ちっこくてコロコロした石っころのような不安達が、い〜っぱい心の中を転がっている感じ。
今までは石っころをえいえいと掻き分ければ、なんとか楽しい気持ちが残っていた。

けれど此処2、3日は何故かダメ。
何度掻き分けても石っころばかり。

カレにもそんな気持ちを伝えてみた。
けれど睡眠時間3時間のカレに、石っころ除去作業を手伝ってもらうなんて酷なコトは出来ません。
まぁね、その前に電話もメールもうまく繋がっていないんだけどね・・・。

私もやっとこさの睡眠時間が4時間なので、気晴らす物理的な時間もない。


今日はいよいよ身に危険を感じたので、ちょっくら旅に出ました。
こんな時はやっぱり旅に限る!!!てな具合でね。
ロンドンとパリ。なんと豪華な旅でしょう。
バッキンガム宮殿やエッフェル塔を見て、少し現実逃避致しました。
書いてて空しくなりますが、
行ったのさっ、行ったのさ。Google Earthで行ったのさっ。

少しは石っころもなくなったかな。ほんの少しね。


いんや〜今、地図はすんばらしいコトになってますね〜。
次は何処へ行こうかな〜。

忙しくて時間のない人にもオススメです。ま、余計に切なくなるって噂もあるけどね。
[PR]
by mugi-yumicos | 2006-11-18 00:00 | 果てしなく続く人生

いい子にしてたら

カレに逢いたい。
手を繋ぎたい。
ちゃんと顔を見て話したい。

別れてからずっとそう思ってきた。
悲しい気持ちや切なさに、何度も押し潰されそうにもなった。
自分を磨いても、逢えないんじゃ意味ないじゃない。って自暴自棄にもなった。

もちろん今も同じコトを思い、同じコトを願う。
けれどそれは悲しい気持ちは持ち合わせていない。

ふとした日常の中でほんのりと思う。

少しは成長したようで・・・。

カレとの電話で
『あのさ〜、いい子にしていたらサンタさん来る?』(←私29歳ですけど?)
と言ったら『来るよ』と即答。しかも私が言い終わる前に即答。
正直、絶対に『何が?』とか『えっ?』と一度は聞き返されると思ったから『来るよ』の時の返事は用意していなかった。
『今絶対に聞き返されると思ったのに』と言ったら『【いい子にしてたら】って言ったからすぐにクリスマスの話だって解った。大好きなクリスマスでしょ?』とな。

カレはハロウィンの時もそうだった。
『今年は何したの?』と何も言っていないのに聞いてくれた。街でカボチャを見て思い出してくれたそうな。『大好きなハロウィンでしょ?』って。

クリスマス、一緒にいられたらいいな。
サンタさん来るといいな。
いい子にしないとな。

私達、いつか恋人になるのでしょうか?世に言う恋人とあまり変わらない気がするから、このままでもいい気がするけど・・・。この謙虚さ、いい子ポイント一点追加だわ(笑)って笑う余裕も出てきた。
[PR]
by mugi-yumicos | 2006-11-14 18:08 | 恋のお話

お江戸でござりゃんせ。

e0030814_1145932.jpg

すっかり冬の匂いですね~。
というわけで、東京砂漠にまみれてます。
案の定、急激な温度差にやられました。
昨日は一時間しか眠れていなく限界も近いけど、ホットカルーアなんぞ飲んで、失った秋の夜長を楽しみます。
・・・ってか、ほんとカルーアは甘過ぎますなぁ。
[PR]
by mugi-yumicos | 2006-11-10 01:14

テレビの力

またしても連投ですが・・・。

昨日『泣きながら生きて』を途中から観ました。

ひっさしぶりに早い時間にホテルに着いて、灯の少ない部屋を明るくするために点けたテレビ。
観ようともせずに、i-podを再生させ音楽で自分を取り戻そうとしていた。
もちろん、テレビの音量はゼロに近しい。

カレと電話をする約束をしていたので、少ししてお風呂に入りドライヤーで髪の毛を乾かし、ふぅっとため息をついてやっと、私はテレビに目を向けた。

13年間、会えなかった夫婦。
医者を目指す娘のために、細々と暮らす夫婦。
お互いに様々な思いがあったと思う。
会えるまでの奥さんの笑顔。旦那さんの笑顔。
最後、別れる時の二人の表情。不器用な別れ。
本当に涙が止まらなかった。自分のコトのように、胸が引きちぎれるかと思った。

空港で奥さんが『あの人を疑っていたこともある』と言った時、なんだか真の強さを感じた。

私もカレを疑っていた時がある。
しかもそれを口にしてしまっていた。
そこからは何も生まれず、お互いに信頼が薄れていくだけだった。

けれど奥さんは旦那さんを信じていた。
異国の地でたった一人働く旦那さんを信じて信じて、愛して生きてきたのだと思う。

一緒にいられないと意味がない。
そう思う私もいるけれど、昨日の夫婦はお互いに支え合い心を寄せ合って生きてきたのだなと思うと、本当に涙がいっぱい出た。
時間が作りあげた夫婦の絆を痛いほど感じた。

私もいつかお互いを心から思いやり、しっかりと結ばれた相手に出逢いたい。

いつか機会があったら、みなさまも是非観て下さい。

昨日、途中からでも観られてよかった。
久し振りにテレビの力を感じました。

いや〜、なんといっても編集がよかった。
二人が会うまでの時間と、会った時に変に感動を求める演出がないのと、別れた後の余韻が心に染みてきた。これは本当にディレクターと編集マンの腕だと思うな〜。
つい一人で『憎い編集だね〜』と言ってまた泣いてしまった。
[PR]
by mugi-yumicos | 2006-11-04 13:52 | 道草

大人の絵本タイム

バムとケロのにちようび
島田 ゆか / 文溪堂
ISBN : 4894230429
スコア選択:


連投ですが・・・。
かえるさん見てるかな?
かわいい家族が増えたようなので、こっちも見てみて下さいな〜。
ほっんとにかわいいの〜。
大人にもオススメの絵本です。
[PR]
by mugi-yumicos | 2006-11-04 13:21 | 道草

e0030814_11515314.jpg

当日にアップ出来なかったので、今年はシラを切るコトにしようと思ってましたが(笑)、ひっちーのご要望にお答えして・・・。

今年もやりましたよ~。飾り付けもはりきりましたよ~。お菓子も仕事場の人からいっぱい奪いましたよ~。

だけどここにはジャック・オー・ランタンにふさわしいオレンジのかぼちゃがなく、いつものかぼちゃで・・・。
これもこれでカワイイっす。
みんなで楽しいハロウィンでした~。
[PR]
by mugi-yumicos | 2006-11-04 11:51