花、空を想ふ~道草をくらう友の会


むぎ                   人生の道草をくおう。              モノ作り、道草、恋のお話。
by mugi-yumicos
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

たまに落ち込んで、たまに元気。

昨日のモヤモヤは少しなくなった。

事故の件も、理不尽なコトに腹を立ててもなんだかしょうがない。
それよりも、未だに襲う首の痛みと右手の痺れをどうにかして欲しいモノでございます。整骨院に通ってはいるけれど、そう簡単には治らないのね〜。

カレとは一昨日の電話で、すぐに仲直りをしたし、今日もタクシー会社の件で相談に乗ってもらったので、きっと大丈夫だと思う。きっと。きっとね。(また書きます)
相変らず、逢ってはいないけれど・・・。

ちょっとね、何だか歯車が上手く噛み合っていない時って誰でもあると思う。
私も『なんだか悲しいコト続き』って日がたまにある。
日常のふとした時に、たまぁに自分に聞いてみる『今楽しい?』って。その時になんだかどんよりしてしまう時と、心の奥からハッピーな気持ちが湧き出る時がある。
何故そう違いが出るのかよくは解らない。

今はまさに『特に楽しくないかも〜』って思ってしまう。
そんな時は無理に頑張ってもダメなのさ〜。自分をたっぷり甘やかしてあげるのさ〜。

なんか、とことん独りに慣れてきてしまっているな私。
さぁて、仕事も終わったし道草くって帰るとするか〜。ってもうこんな時間・・・。
[PR]
by mugi-yumicos | 2006-04-29 23:01 | 果てしなく続く人生

ついてない週末。

e0030814_14583.jpg

カレと昨日大喧嘩した。
事故の相手のタクシー会社とも大喧嘩。
今日はなんかついてないや。

この気持ちを落ち着かせようと、ありったけの癒しを集めてみたが、どうもダメ。

また明日、仕事が落ち着いたら書きます。
[PR]
by mugi-yumicos | 2006-04-29 01:04

カレに逢えない時間

留学から帰ってきた友人と、わ〜っと飲みに行った。

少し前に帰って来たのだけれど、なんだか私に会う為にはパワーがいったようで『まだ会えないわ』と何度か先送りにされていたの。

そこで久しぶりに色々な話をして、笑ったり悩んだりと忙しく、行ったバーが閉店を告げても話は終わらずに、家でホットチョコレートを飲みながら恋愛話。
『周りからは大人に見られるのに、心はまだ出会った18歳で止まっているよね』と言うと『私達もう29だよ。【29歳のクリスマス】だよ』と諭されてしまった。
朝『また元気ちょうだいね』と別れた。

別の日、仕事場の男友達と美味しいカレーを食べに行った。
彼は恋人に別れを告げたばかりで、いろいろと考えるところがあるらしく、珍しく私とカレのコトを聞いてきた。
カレー屋さんが彼の家が近かったので、『お互いに素敵な人生をつかみ取ろうね』とバイバイをして、私は歩いて帰った。
途中のコンビニでチューハイを買い、緑道でつつじを見ながらプルタブをプシュッと開けた時、なんとも言えない思いが込み上げてきた。込み上げ過ぎて道に迷い、20分のところを1時間かかったのだけれど。

友人達とくだらない会話で素敵な時間を過ごし、なんか心の奥が『きっともっと楽しい人生が待ってるよ〜』って言っている気がしてきた。

カレとも曖昧な関係が続いている。温泉以来逢ってはいないけれど。
仕事もそろそろ一区切りさせようと思う。
この先の未来はどうなるか解らない。
けれどなんだか大丈夫な気がしてきた。

きっとまたたまに落ち込むのだろうけれど、こうやっていい関係を築いてくれる友達もいるし、たくさん道草もくえる。
あ〜、なんだか言いたいコトがまとまらないけれど、きっと大丈夫だと思う。
そう思ったら、カレを一層大切に想えた。
大切に想えたら、こうやって独りで過ごす日々もとても愛おしく思えた。

カレに逢えない時間も、私はこうして心から楽しく過ごせるようになった。
今日もまだまだ仕事だ〜。
しかも次の仕事のために、やらねばならぬコトも溜まっているぞ〜。
おっ。ちっこいコトを悩んでいる暇ないや。
[PR]
by mugi-yumicos | 2006-04-23 19:13 | 果てしなく続く人生

歯のない生活

憶えてくれていますでしょうか。
去年の末、突如起こった交通事故・・・。(まぁ交通事故に前触れなんかないけれどさっ)

実はムチ打ちだけでなく、顔面強打したときに歯が割れていました。
根元からパッキリと・・・。

そして今、インプラント治療の最中。
歯を抜いて、仮歯を入れていたのですが取れました・・・。
笑うとバッチリ見えるところにあった、私の仮歯は取れました。
仮歯は取れてしまいました。

仕事でなかなか整骨医院へも行けず、『おばあちゃんになっても全部自分の歯!』という夢も儚く散り、相手のタクシー会社は、ただタクシーに乗っていただけの私に悲しい仕打ちをするし。
そんな私の仮歯が取れてしまいました。

笑顔が悲しい28歳。
笑っているのに切ない28歳。
歯がない今だからこそ、もしかしたら全てが許されてしまうかも知れない。
怒られたら、取り急ぎ笑っておこうっと。

でも仮歯で不安定だった時より、ごはんが食べやすいから嬉しい。
私はやっぱり、色気よりも食い気みたい。
[PR]
by mugi-yumicos | 2006-04-16 14:26 | 果てしなく続く人生

温泉旅行。

温泉は本当に楽しかった~。
心まであったまりました。

出発前にカレの仕事がなかなか終わらなかったので、旅館に着いたのが21時。

すぐに貸切風呂へ。
とても雰囲気のあるお風呂で、二人して何度も『いいね~』と連発していた。
私がのぼせかけ、一度お部屋に戻っておしゃべりにこうじた。
カレは『今日はいっぱいおしゃべりできるよ』と優しく言った。

これからの二人のコト。
カレの気持ち。
仕事のコト。
今の状況。
私の気持ち。

嬉しいコトと悲しいコトを半分くらいずつ言われた。

私はずっとずっと話そうと思っていたコトの殆どを話せず、ただ一緒にいるコトだけに心が落ち着いていた。現金な女です。

そして夜中に大浴場へ行き、またお風呂を堪能。
男湯の前で長湯のカレを待っている間、何だか急に切なくなり『これは夢なんじゃないか』って何度も思った。カレと一緒にいるのに、何だかもう私達はダメな気がして不安になった。
そんなコトを考えていたら、湯気がでたままのカレが『おうっ』と出てきて、すっと手を差し出してきた。
大浴場からお部屋までたった25歩くらいなのに、自然に差し出されたカレの手が本当にあたたかかく、私はいつもよりもぎゅって繋いだ。

眠る時もずっとくっついていた。
久しぶりに安心して眠れた気がする。

朝、美味しくて豪華なごはんをお腹いっぱい食べ、今度はお部屋に付いている露天風呂に入った。(夜はさすがに寒すぎて入れなかったからね~)

『また来ようね』と何度も言って宿を後にし、色々と道草をくらいながら東京に戻った。

途中でね、山の中腹に観覧車があるのをカレが発見して『遊園地行こう!』と地図もないままそこに向かったの。
カレのこういう所もね、私はとても好き。
ちっこい遊園地だったけどね、二人してきゃぁきゃぁ楽しんだ。

東京に着いたのは16時くらい。
カレはそのまま仕事場に向かった。
私はぼうっとして涙が溢れてきて、ほとんど動けなかった。

あんまりに夢みたいで、あんまりに早かった二人の時間。
想い出すと、楽しさと切なさがいっぱい入り混じった気持ちになる。

またいつか、二人で行けますように。


いつものコトながら、コメントのお返事もう少々お待ち下さい。ごめんなさい。
[PR]
by mugi-yumicos | 2006-04-10 17:47 | 恋のお話

ほっこり。

e0030814_1013133.jpg

念願のカレとの温泉旅行。

露天風呂付客室です。


帰りたくないよぅ。
[PR]
by mugi-yumicos | 2006-04-06 10:13

続き

e0030814_22545626.jpg

鶴岡八幡宮までの桜。

空の色が何だかおかしい。これでも結構暗かったのよ。
なんだか携帯電話のカメラ画像がよろしくないな。撮ったほとんどピンぼけ。ありゃりゃ。
[PR]
by mugi-yumicos | 2006-04-03 22:54

春を感じに

昨日はお友達と春を感じる旅に・・・。

いざ鎌倉!!!

あいにくの雨模様だったけれど、久しぶりの鎌倉だったので朝から楽しみ。
電車でガタゴト揺られて、夕方前に到着。

大仏を観に行ったはいいけれど、風がすごいすごい。
傘も何度も逆に折れそうになり、髪の毛もぼっさぼさ。
けれどなんだか楽しかった。

鶴岡八幡への道すがら、家庭的な天むすを味わい
蜂蜜屋さんで『早くしないとお参りの時間終わるよ』と笑われ
桜並木の下で、風で飛ばされる花びらを捕まえ
風が吹く度に、年がいもなくキャーキャー騒ぎ
おみくじを引いて二人納得し
美味しいコーヒーに感激し
電車に揺られて恵比寿に戻り、ダイニングバーを2件はしご
そして締めくくりはまた、桜の花びら拾い。

お互いに、恋愛がバッチリというわけではない
お互いに、仕事がバッチリというわけでもない
いつも何かしら心にしこりを抱え、それでも笑って毎日を過ごす。

これでいいんだ。
これがいいんだ。

こうやって道草をくうたびに、何か本当に大切なモノがちゃんと積み重なっている気がする。
[PR]
by mugi-yumicos | 2006-04-03 22:45 | 道草