花、空を想ふ~道草をくらう友の会


むぎ                   人生の道草をくおう。              モノ作り、道草、恋のお話。
by mugi-yumicos
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

さよなら。

さよなら。さよなら。

泣いてばかりだった日々
カレに伝わらなかった気持ち
仕事と未来に迷っていた私

さよなら。さよなら。

心がひとりぽっちだった夜
叶わない想い


今年は本当に色々ありました。
カレに嫌われ
悲しい病気になり
覗き魔に怯え
素敵なお家に出会い
仕事で苦虫を何度も噛み締め
8年振りの友人と再会し
ももカフェ娘オフ会に参加し
なら燈花会に感激し
カレとまた再会し
再びカレの手をしっかり握り締め

毎年思うけど、今年は本当にぎゅっと詰まった一年だった。

来年もいっぱい道草をくって、笑顔をふやしていこう。
先に待つ、私の素敵な未来のために
もう一度通じたカレへの気持ちのために

さよなら。さよなら。
来年もよろしく。
[PR]
by mugi-yumicos | 2005-12-31 22:14

恐い恐い病と名づけているモノ

心が風邪を引いている・・・。

たぶん自分の意思とは違う方へ行く仕事のせい
たぶん行ったり来たりの恋愛のせい
たぶん未だ残る事故後の痛みのせい

自分の過去のトゲをいじって痛みを思い出す。
そして自分に何度も言い聞かせる
『私ってなんて嫌な人間なんだ』って。
そしていろいろなコトが恐くなる。

何をしても心が休まらず、周りの人が恐くてしょうがなくなる。
そして恐いと思う人に対して、なんらかのアクションを起こした方がいいのかなと悩む。
すべては自分が救われるための行為にしか過ぎないけれど。

心の中で、一日に出会う人々を『敵か味方』に無意識に分けている。
けれど仕舞いには、味方は誰も残らず余計に恐くなる。
別に何をされたわけでなくても、なんだか恐くなる。


今までPMSだと思っていた。
『この時期が過ぎたら、きっとまた楽しくなれる!』って思ってやり過ごしていた。

けれど今はその時期ではない。
こりゃ、本当にストレスとやらにやられているのかも知れない。

あ~、楽しいコトや嬉しいコトはこんなにも転がっているというのに、それを素直に喜べないなんて。
何だか人生がもったいない気がする。

ちょっくら道草くわないとな~。
[PR]
by mugi-yumicos | 2005-12-30 01:03 | おセンチ

聖なる夜に

昨日は22時くらいまで仕事。

数日前から、カレに『逢いたいね~』とクリスマスをにおわせずに伝えていた。
・・・ま、普通気が付くだろうけれど。

当日、仕事中に『サンタさん来るかな?』と聞いてみたら『どうかね?』とそっけなかった。
けれど少しでもいいから逢いたいと伝え、仕事が終わるのを待っていた。

カレと逢えたのは一時間半くらい。
『夜に打ち合わせなんだ』と言われて、私は少し膨れてしまった。

22時半くらいに車に乗って『家まで送るよ』と言われ、なんだかガッカリ。
二人で街中のイルミネーションを見られると思っていたから・・・。
けれどカレが『ケーキ買って行く?』と唐突に言われ驚いて何も答えられなかった。

夜遅かったのでコンビニでちっこいケーキを買い、そのまま家へ向かった。
私は『きっと車の中で食べるんだろうな』と思っていたけれど、家の前に着くとカレは何も言わずに車から降りた。

二人でちっこいケーキにロウソクを灯し、家にあったシャンメリーとスモークチキン一本を並べて、小さな小さなクリスマスパーティーをした。

今までクリスマスに食べた、どんな豪華な食事よりも美味しかった。
今までクリスマスに見た、どんな大きなツリーよりも綺麗だった。
今までクリスマスに行った、どんな流行っている場所よりも素敵だった。

バイバイしたのは、25日の0時。きっかりクリスマス。
カレにぎぅぅぅっとされながら、私は泣いてしまった。
カレはそれを見て『いっつも泣いてるね』と笑った。『泣き虫の弱虫だから』と言ったら『君は強いよ』ってまたぎぅぅぅっとしてくれた。

そして『サンタさん来るといいね』と笑ってバイバイした。

カレは今まで、クリスマスを誰かと過ごしたコトがないと言っていた。
私と同じように、最高のクリスマスになったかな?

サンタさんは来てくれたみたい。
今日カレに『ちょこっと+1好き』と言われたから・・・。刻むなぁ。
でもまいっか。
[PR]
by mugi-yumicos | 2005-12-25 22:13 | 恋のお話

Merry Christmas!

e0030814_0341554.jpg

世界中に笑顔がいっぱい溢れますように!

素敵なクリスマスをお過ごしくださいな。
[PR]
by mugi-yumicos | 2005-12-25 00:34

ここ最近のワタシタチは3。

3。に来てやっと『ワタシタチ』になれたわけですが・・・。


カレからの言葉をもらったのは、確か一週間くらい前だと思う。(いや、二週間かな?)

その頃、何度か二人で手を繋いで歩いていた帰り道。
その日は私一人ぽっちだった。

カレは仕事だったけれど、電話は出られるとのコトでおしゃべりをしながら帰っていた。

何故、そんな話になったのかは覚えていない。
ただ私は少し不安を覚えていたのは確か。
何故か『カレは本当は好きな子がいるんじゃないか』ってぼんやりと思っていた。

話の前後も覚えていないけれど、カレの言葉は覚えている。
発した時の周りの景色もしっかりと覚えている。


何日か経って、私は『電話ではなく、逢ったときにきちんと言って欲しい』と伝えた。
『照れるからいやじゃ』と突っぱねるものの、カレはちゃんとやさしく言ってくれた。


たまに一緒になる帰り道、車の中でさよならのちゅっをする。
明日もよろしくねのぎぅっをする。

けれどカレはこうも言った。『ずっとぎぅってしたいとは思わない』と。
戸惑った私を突っぱねたり近づけたりしながら、最後に言った。
『けれど今、こうやってくっついて話すと安心した。なんでだろう』

私は言った。
『私だって解らない時もある。嫌いな時もある。けれど今、決して離しちゃいけないと思うから、こうして好きって伝えているんだ』と。

きちんと気持ちが届くまで、あともうちょこっとかかると思う。
けれど泣いて過ごした一年にくらべれば、そんなのはへっちゃらなコト。

カレからのひとつの言葉で、私はこんなにも強くなれるんだ。
[PR]
by mugi-yumicos | 2005-12-22 22:28 | 恋のお話

ここ最近のワタシタチは2。

事故のこの後。

警察へ行ったり、病院へ行ったり。
何だか事故って本当に面倒なんだなと実感。

しかし、仕事で重い荷物を持つコトもある私。
なるべく普段出ない声を出して、甘えてはみるものの『自分で持てよ』と冷たい言葉も世の中にはあるわけで・・・。

落ち着いたと思った痛みが、少し増してしまった。

そんな最中、やったら胃が痛いと思ったら、胃痙攣と嘔吐を繰り返す。
仕事を少し休めないかと下記の上司に連絡を取るものの、返事来ず。
・・・その上司、よくぶっちしちゃうから私が休むわけにもいかず。

立っているのがやっとで、周りのあまりの心配に遅刻をしてきた上司も気付く。
そしてやっとこさ病院へ。
血圧91の60。
血圧のコトには明るくないが、こりゃ結構低いに違いない。

そしてそのまま半日だけ(鬼上司め・笑)休んで仕事に復帰。

今日もなんとか過ごしてはいますが、胃と不快感と首や背中の痛みがちょっぴり悲しい。
[PR]
by mugi-yumicos | 2005-12-22 22:14 | 果てしなく続く人生

ここ最近のワタシタチは1。

仕事が本当に慌しかった。

社会の仕組みとは恐ろしいもので
誰かを救うモノもあれば
誰かを貶めるモノもある。

私は後者に巻き込まれている。
何故か私の所為になっていたり
指示通りに動いたら『そんな指示してないよ』と言われたり

・・・それは私のコトが嫌いどうこうって問題ではないって知っている。
ただ、彼女の問題。
彼女が自分を守るために、私に責任を押し付けているのを知っている。
だから何も言わなかった。否定も肯定もせずに、ただ謝ってみた。

けどね、そりゃ限界ってモンがありますわ。
上司が何故、下の子の所為にするのだ~って思いもしますわ。

昨日、何かが吹っ切れた。

今まで我慢していたけれど、他の上司にぶちまけてしまった。

『・・・あの人、昔っから嘘つきなんだよね』と一言。
そしたら何だか楽になった。

私が嫌いならば、そこを改善しないといけない。けれど人にごまをする程ヒマじゃない。
ただ自分を守るために貶められているならば、もう『こういう人なんだ』って思えばすむ話。

真実はひとつ。
解って欲しい人達に解っていてもらっているならいい。
自分を嘘で塗り固めてまで、誰かに好かれようとしてもそれはホンモノじゃない。

けれど彼女が嘘をつくたびに、何だか悲しい思いをするのは何故だろう。
[PR]
by mugi-yumicos | 2005-12-22 22:06 | 恋のお話

カレの言葉。

カレから好きと言われた。

・・・ちょこっと。とおまけ付きだけど。

ずっと願っていた言葉。
ずっと待っていた言葉。

何度も何度も聞き直してしまった。
何度も何度も心の中で反芻してしまった。

一人になっても、思い出していた。
バスタブにつかりながら、ゆったりと泣いてしまった。




いっぱい書きたいコトはあるけれど、仕事と体調不良でヘトヘトです。
ちょっとまいりました。
コメントの返信。少々お待ちくだされ。
[PR]
by mugi-yumicos | 2005-12-22 00:01 | 恋のお話

振り返らないカレ

仕事終わりにカレと電話。

同じ場所にいて、いつもカレを感じているかれど、やっぱり仕事とプライベートは別。

やっぱりカレはモテるんだなと実感するコトも多々あって
私なんかちっぽけだよと自信をなくしている毎日。

逢ったときいつも、私はカレの姿が見えなくなるまで見送っている。
けれどカレは一度も振り返らない。

心の中で何度も『振り返って』と叫んでみても、カレはまっすぐ前を向いて行ってしまう。
こりゃ、本当に見込みないなって思っていた。

昨日、昼から何度か交わしたプライベート電話の中で、そのコトについて触れてみた。
そしたらカレは大笑い。
『なんで笑うの?』と聞いたら『そういう時って振り返った方がいいんだね』と一言。
『・・・いや、いいよ。そんなん言われたら、今度振り返った時【振り返った方がいいから振り返ろう】って思っていると思うから。私はなんだか名残惜しくて見てるだけだし』と言ったらまた大笑い。
『いやね、そういうのってドラマの中だけだと思ってた』
・・・・・・・・・・頼みますよ。

まぁそういうトコロも好きな要因なのだけれど・・・。

さ~。本日も仕事です。
またのちほど、携帯からちょこっとご報告。
[PR]
by mugi-yumicos | 2005-12-13 15:27 | 恋のお話

脱力一直線

首はだぁいぶよくなりました。

飲み薬と湿布薬のおかげだ・・・。
2ヶ月位は通院してくださいとは言われたので、近くの病院へ転移する予定。
ほんと、ご心配をおかけしました。

しっかし、事故だと保険がきかないとのことで、えっらい金額だった。
それらをタクシー会社に請求すればいいのだろうか?ちょっと聞いてみよう。

仕事も相変わらずで、何か毎日心配事があるけれど、だんだんどしんと落ち着いてきた。

まぁどうにかなるよなって・・・。

どんなにバタバタでも、どんなにいっぱいいっぱいでも、心のゆとりは忘れないようにしようっと。
今の時点でかなり忘れているけど・・・。
家に帰ると、本当に何もする気が起こらないんだよね・・・。
一時間くらいぼけ~っとして、やっとこさお風呂に入る感じ。

これもストレスの一種だろうか?こんな脱力感は初めてだわ。


やっぱり私には、道草くう時間が必要だな~。
[PR]
by mugi-yumicos | 2005-12-13 15:04 | 果てしなく続く人生