花、空を想ふ~道草をくらう友の会


むぎ                   人生の道草をくおう。              モノ作り、道草、恋のお話。
by mugi-yumicos
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:道草( 37 )

せのつく男とハンケチ王子。

世の中、不思議なコトもあるモノで・・・。
ふと思い出した人にばったり遭遇するのはよくあるコトなのですが、ふと思った数字で初めてロト6を購入してみたら、四千円頂きました・・・。

私にゴールデンなウィークなぞなく、相も変わらずに仕事の毎日。
書いたかどうか忘れてしまいましたが、仕事を辞めるコトに致しました。

そうしたら、なんだか気が楽になり、のびのびと残りの仕事をさせて頂いております。

そしたら嬉しいコトに「俺の企画をやってから終わりにしないか」と尊敬する監督からお声を頂き、来年くらいまではなんとなく今の仕事をしていると思います。
本当にお世話になった方なので、すごく嬉しいお誘いだったし、その監督ともう一緒に仕事が出来ないと思うと淋しかったので・・・。

本日、パイレーツオブカリビアン特別メニューのあるカフェへとランチをしに行きました。
お供したのは「せのつく男」
こいつはなかなかの曲者で、バレンタイン事件(まぁそうしておこう)、友の会パーティーなどに出現する男。
せのつく男から不在着信のあった次の日、メールにて彼の電話の訳も聞かずに「何?パイレーツカフェに行きたいの?じゃぁ月曜日に集合!」と「行きたい」の「い」の字も言われてないし、せのつく男はカフェの存在さえも知らなかったけれど、無理矢理に決めました。

かくかくしかじかでお腹もいっぱいになった頃、せのつく男がおもむろにポッケから青いタオル地のハンケチを出し、汗をポンポン拭き出した。
「何それ?今のタイミングでハンカチ王子?」
とキツメに叱ったら
「むしろ俺が元祖ハンカチ王子だから」
と友達を止めたくなるようなつまらないコトを言ったので、仕事場で「よっ。ハンケチ王子!」と大声で何度も言ってあげました。

そんなハンケチ王子は私とのカフェに備え、昨日パイレーツ1と2の途中まで観たそうな。
勉強熱心めっ。
けれどカフェでは違う話で盛り上がった・・・。
今気が付いたけれど、もうちょっとそのコトに触れてあげればよかったな。
つまらなくても許してあげればよかったな。
ごめんよ。ハンケチ王子。
カフェで貰ったジャック・スパロウのポストカードで手紙でも書こうかな。
いや、奴には勿体ない。
[PR]
by mugi-yumicos | 2007-05-07 21:13 | 道草

春の出会い

明日、四時半起きのため早くお風呂に入り、ドライヤーをかけようとスイッチを入れたら勢い良く火花が散って、髪の毛を乾かせなくなったむぎです。頭が寒い・・・。

最近、ずっと探し求めていたバッグに、やっと出会いました!
奇跡の出会いです。

今年に入ってずっとゴールド系のバッグを探していたのだけれど、なかなか見つからずにいました。
今月に入り、白いボストンを買ったのですが(それも奇跡の出会いだと思っていた)重い荷物に耐えられなかったのか、安い金額に見合った作りだったのか、持ち手が取れました・・・。

見合うモノに出会えなかった時は、なんだかどーでもよくなる私。
以前に使っていたボロボロのレスポ出動で、その場を凌いでいました。

色はゴールド系。(下品にならないモノ)
荷物が多いので大きい。
中身を見られたくないので、チャック付き。
外側にもポケット付き。
持ち手がしっかりしている。(白ボストンで学んだ)

そんなモノを探していたけれど、どれもしっくりこなく諦めていたある日。
ふらりと寄った新宿のとあるショップで、偶然にも出会いました!
一目で気に入り、値段を見ると予算オーバー。
店員さんに「一周してからまた来ます」と言った二分後、この偶然の出会いを逃すまいを買いました。
あまりの早さに少々驚きを隠せない店員さんは「本当にお似合いです。あなたのようなキャリアウーマン風(あくまでも風)の方に持って頂けると嬉しいです!・・・云々」と私よりも興奮していて、ちょっと笑えた。

いや〜、本当に素敵なやつです。
久し振りにいい買い物したな〜。
[PR]
by mugi-yumicos | 2007-04-26 23:49 | 道草

騙すか騙されるか。

いや〜。
楽しかった楽しかった。

この日のために、何ヶ月も考えに考え抜いた嘘。
メールで嘘を付き初めて4年。
1年目の「テレビ局の球体が転がり東京タワーを倒した」くらいに皆の反応に満足。



サザエ最終回。


サザエを録画して早10年。
サザエ好きを公表しているからには、この手を使うわけにはいかなかった。

会社のお偉いさんから友人、後輩まで。
たくさんの人に、わざとらしくないようにメールを送りました。

ぷー。
引っ掛かった引っ掛かった。
かなりの大漁でございました。

急いで新聞を読んだ人、デジタルテレビの番組表で確認した人。←純粋な心を忘れないでもらいたい。
サザエの「来週もまた観て下さいね〜」を観て気が付いた人。←こりゃ終わってる。
一瞬「まじ!?」と思ったけれど、日付と送り主を確認してセーフだった人。←かしこい。

メール以外でも嘘をたくさんつかせて頂きました。
こうして、いい大人に嘘をついて笑いが止まらなかった私。

本日のメールの受信・・・40。
本日のメールの送信・・・55。
本日の喜び・・・プライスレス。古っ。

みんなが純粋だったのと、サザエに興味があったコトを知り、今年も大満足でした。
日曜日も関係なく仕事している私達、仕事仲間も忙しかったろうに付き合ってくれて満足です。

そんな私は「ももカフェ掲示板のひーちゃんの【再婚】」とサザエメールを送った人の「来週も観て下さいね〜。んがんっぐってやってたけどホントに最終回?」にまんまと騙されました・・・。
言うまでもないけど、んがんっぐを普通にスルーしてた。

来年、もし私に騙されてもご愛嬌で。
[PR]
by mugi-yumicos | 2007-04-02 00:35 | 道草

明日はある意味、一年のはじまりです。

毎週木曜日、きっちり同じ人数の人が訪れて下さっていて、少し面白い・・・。

お気に入りのシャーペンを上司がいつの間にか使っており、しかもキャップを外して消しゴムにまで手を染めていたコトに遺憾を覚えるむぎです。
少しずつ、ブログに興味を持ってきたこの頃であります。・・・今更っ!?
今まではももカフェと繋がっていたくて何とかやっておりましたが、もう少しきちんとやりたいと思います。だからといって、ナニがどうなるってわけでもないけれど、派手でもなくわくわく感こそないけれど、まぁそれなりに。それなりに。


仕事のコトは未だに迷っています。
何故、私にその仕事が舞い降りてきたかというと・・・。
人がいないとかそんなポップなのりだとは思うのですが、誘い文句に驚いた。


先方「笑いのセンスが秀逸と聞いているから、是非やって欲しい」
私「・・・はい?」
先方「仕事のことは初めてやるので解りませんが、笑いのセンスは優秀と聞いているので、是非やって頂きたい」

とあるホテルのティールームで、何度も「笑いのセンス」を連呼される私。
ちなみに仕事内容は、笑いとは一切関係なし。
しかもそんなに連呼されると、逆に私はいじめられているのではないかと思えてきた。

こんな軽い仕事場でいいのでしょうか?
余計に迷います。



明日はいよいよ一年で一番私が張り切る日。

昨日、仕事場の人の荷物が共同の机の上に置いてあって邪魔だったので、
「この荷物
ちょいと邪魔だな
どけてくれ」
とオブラートに包んだ張り紙をしておきました。

今日出勤したら、その張り紙に「すみません」と書いて私の机の上にキャラメルと共に置いてあった。キャラメルで買収しようとはっ。私も安く見られたな~。
名前書いてなかったのに、何故バレたのだろう。

これじゃぁ、明日の嘘もすぐにバレるのではないかと少々不安です。
一瞬でも「えっ!?」と思って欲しいからであります。

どうか一人くらいは騙されてくれますように。
[PR]
by mugi-yumicos | 2007-03-31 14:51 | 道草

手の届かないモノ

毎日が両手いっぱいの出来事で溢れる。

美容院でデジパーのあてた次の日、仕事場で
『お前、美容院へ行ったら?』
と同僚に言われ、きぃぃぃっとなったり(自分でも気にくわなくて、すぐに別の所へ行き直したけど)

昼過ぎの仕事中、突然同僚が
『あ〜。世の中、知らないコトはまだまだ沢山あるね』
というもんだから
『それは朝からあなたの髪の毛に、毛糸がずっと付いているコトも含まれる?』
と言ったらば、教えてあげたのに『あーはいはい。それも知りませんでした』と何故か睨まれたり・・・。

そんな平日を過ごし、この間の日曜日に友人と江ノ島へ行った。
目的は『しらす丼』
こうやって何かを食べるために足を向けるのもいいのもだ。

バドミントンを持って集合。
身体もついでに動かそうという魂胆。

目的のしらす丼屋さんは、開店前だというのに列をつくっていた。
『欺かれたね』と敗北感丸出しで、取り合えず砂浜でみんなに紛れて座っておしゃべり。

一緒に行った友人は、元仕事場の後輩で、今は近くの実家に住んでいる。
彼女が辞めたのはかなり悲しかったけれど、今の方がいきいきしているように見えるので、それはそれで嬉しかった。
昼も過ぎて、そろそろ並んでみましょうかとリベンジ。
それでもかなり並んでいて、私達は122番目の所に知り合いの名前を書いて(素直に書けばいいものを)お店の前で座っておしゃべり。

二時間後・・・やっとこさ知り合いの名前が大声で呼ばれたが、店員さんに『○○さんですね』と言われて、『はい』というコトに戸惑った。自分達が書いたくせに『奴の仲間と思われたら嫌だ』と人として疑問の残る言葉を吐いていた。

しらす丼はかな〜り美味しく、二時間も待ったかいがあったし、また行きたいねと言った。

お腹もいっぱいになり、また海岸散歩。
バドミントンを何処でしようかと画策しているうちに、砂浜で走り回る子供達や語り合うカップルを見て『風も強いし止めておこう』と断念。

またまたおしゃべりをして、18時過ぎに帰った。
帰りの電車で、私はずっと満月を追っていた。

お弁当を持って公園や砂浜へと出掛け、いっぱい遊んでくたくたになり陽が沈む頃に帰る。
小さい頃、日曜日は習い事の日だったので、たまぁにこんな日曜日を過ごすのが大好きだった。
それはもう、手の届かないモノ。
いつかまた、そんな穏やかな日曜日を両手いっぱいに抱き締めて過ごすコトは出来るのだろうか。

明日、カレに逢う。
手の届かないモノを心のポッケに大事にしまうのも、大切なコトなのかも知れない。
[PR]
by mugi-yumicos | 2007-03-09 01:35 | 道草

くだらなく長いのでコーヒー淹れてからどうぞ。

ちょっくら体調を崩していました。

こないだ仕事仲間と飲みへとくりだし、盛り上がったはいいけれど私の体調も盛り上がり過ぎて・・・。
胃痙攣と頭痛と熱で二日間、お家でおとなしくしておりました。
ばっちい話で申し訳ないが、お手洗いとベッドを行ったり来たり行ったり来たり、行かなかったり。夜中から朝まで、何度も何度もバターになる程ぐるぐるとしていました。

こんな時はポッカリスウェットが一番!だけれどもフランフランで買いに行く気力さえない。
けれど胃液は出るばかり・・・。
やっとこさコンビニへとてくてくして、ポカリとうどんとゼリーを買い込んで家に戻りじっとしていました。

もどかしかった。それはそれはもどかしかった。
仕事に余裕がある今だからこそ、やりたいコトはたくさんあるのに動けない自分が情けなし。

カレとの電話で少し元気を取り戻し『明日は散歩へ出掛けるぞ〜』と思った夜中、突然メール。
よくある『これを○人に送ってね♪』みたいな。
最初にクイズ形式みたくなっていたので、それをやってみて進んでいったら最後に10人に送れとな。こっこんな夜中に送るんかい私。とも思ったが、一時間以内に送らないと願いは叶わないよと言われちゃ〜送らないわけにはいかぬ。

人に迷惑を掛けるコトよりも自分の願いを優先させました。はい。

その後、かなりの反響。
『私10人もメールを送れるような友達いない・・・』(←おっと切ない)とか
『妹にこれ送ってきたの三人目って言われた』(←若い女子はそうだろう)とか
『あんたいくつよ?こんなの信じて』(←夢がないねぇ)とか
『任務完了!』(←えらい)とかとか。
・・・みんな夜中なのにえらいな。

寝込んでいて人里を離れていた私には、なんだかふわっとした出来事だった。

そして今日の目覚めは幾分さわやかだった。
まだ少し頭が痛むけれど、一昨年の事故のムチ打ち治療へ行って、
HMVでDVDなんぞ買って、携帯電話のカスタムジャケットなんぞも買い、
電車に乗っていたら、なんかもっと乗っていたい気になって・・・。
自分の降りる駅を越して、電車にゆらりとゆられてみた。
午後の日差しを眺めながら乗る電車は結構好き。

降り着いた街は、何度かいったコトのあるトコロ。
思いの外、人で賑わっていて少しクラクラした。
まず生地屋へ行って和紙や陶玉を買い、食料品街や街を探索してみた。

途中で見つけたタコ焼き屋さんで4つ入りのタコ焼きを頬張り、インテリアショップでヘンテコなボールペンに心奪われ、フードマーケットで『カレーまだあったんだ』とタラの切り身に涙した。

なんてコトのないただの散歩だったけれど、久しぶりに脳みそフル回転させて色々と考えるコトが出来て、すっごく楽しかった。
その街に前に行った時、すこし同じような心境だったからかも知れない。

地元に戻り、『胃が暴れていない今日こそカレー』と心に決めたのに、白子の軍艦巻が目に入り買ってしまった・・・。白子すっごい好きだし、こんなの滅多に出会えないと思ったから。

くだらなく長いのに、もっとくだらないコトを付け加えると
『自分が並んだり入った店には何故か人が集まる』って状況ないですか?
私はよくあるんですが・・・。結構よくある状況だと思うんですが。
タコ焼き屋さんに私が並んだ時は誰もいなかったのに、座って食べ始めたら10人並んだ。
フードマーケットで餃子を買った時も4人並んだ。
と、今日もそんな感じだったから少し笑えた。

厳密には2日の14時過ぎに満月になるようだけど、今日の月もぽっかりと澄んでいて綺麗だった。
『あ〜、こうやって日常生活を噛みしめて生きるっていいなぁ』って考えていたら、後輩からも月が綺麗だという報告メール。

家に帰り、『明日からはカレー曜日』と取り急ぎ火を通し、白子寿司と餃子のごはんを食べた。
携帯電話を自分色に変身させて、買ってきたDVDを観る。
昨日からの繋がりで何人かの友人とメールを交わし、いつものようにバスタブにお湯を溜める。

こんなホントに些細な生活を愛しく思う。
カレがいなくても、私は大丈夫と何度も言い聞かせる。
本当に大丈夫な日が来るまで、私はきっと何度も何度もそう言い聞かせるだろう。
[PR]
by mugi-yumicos | 2007-02-02 01:41 | 道草

カレー修業

こないだ夜から仕事だったので、ぶらりぶらりと汐留に行ってみた。

前々から『宮崎駿の仕掛け時計』を観たかったのだけれど、なっかなか時間が合わず、
やっとこさ観るコトが出来ました。

いや〜、素敵だね。
癒されるね。
2分45秒で違う世界へ行ってこられたよ。

平日の18時だったけれど、私の他にも結構観ている人がいて、
終わった時にあっちゃこっちゃで『へぇ〜』って言っていたよ。

魔女宅の街にお引っ越ししたい気分・・・。

ひさびさにカレーを煮込みました。
今回はほうれん草などの野菜をフードプロセッサーでまぜまぜにしてみた。

早速お昼と夜に食べたけれど、もう少し深みが欲しいな。
カレー修業。まだまだだわ。
いつものように、たっくさん作ったのでこれからの味の変化が楽しみ〜。
って炊飯器がまだ仕事場なので、もっぱらナンで食してます。
[PR]
by mugi-yumicos | 2007-01-27 19:34 | 道草

時間があればあるで・・・

時間にゆとりがあるはずなのに、なんだかとても落ちている。

今は
仕事の時間も読めるし家にも帰れるので
スーパーのハシゴだって出来るし
好きなヨーグルトを買ってもダメにするコトもない。

本の虫になってあったかい飲み物片手にフムフムと読むコトも出来るし
何本もDVDを続けて観ながらストレッチも出来る。

やりたいコトとやるべきコトを考えて『明日にしよっ』とおきらくに引き伸ばすコトだって出来るし
夜中に大掃除と模様替えをする心の余裕さえある。

閉店騒ぎのレンタルショップでDVDを半額で借り、さっき返したばかりと同じタイトルをまた借りたりしても『ホント私ってうっかりさん』なんて舌を出す余裕もある。(これは何度もあるんだけど・・・。ヤバイね)
サランラップの端っこを見失い、何度も格闘してスタート地点を見つけ出すのに30分掛けるコトも惜しくない。

時間があるって素敵。
まぁ、こんなコトにしか使えていないんだけどさ。

なのに時たま訪れる、この心の淋しさはなんだろう?
大体は解っている。
体調がよくないのもあると思うけれど、仕事のコトと先延ばしにしている『やるべきコト』のコト。
解っているならどうにかしないととも思うけれど、無理矢理に浮上させても仕方がないので放って置く。でもなんだか悔しい。
せっかく時間があるのだから、もっと動きたいし楽しみたい。
一先ず、熱が下がらないかな〜。

もうすぐ、カレとも逢う予定。
初詣の約束が流れ流れて今に至るけれど、こんな曖昧な関係ではいけなかろうと思い立ち、カレに『ちょっくら考えて欲しい』とお願いをしてみた。
長くなるし自分でもよく解らないので、最近はほとんど触れていなかったけれど、一応曖昧な感じで進んでいた。
私もちょっと考えないといけないかも知れない。
末広がりに吉となるよう、自分でも進んで行こうっと。
[PR]
by mugi-yumicos | 2007-01-22 00:59 | 道草

テレビの力

またしても連投ですが・・・。

昨日『泣きながら生きて』を途中から観ました。

ひっさしぶりに早い時間にホテルに着いて、灯の少ない部屋を明るくするために点けたテレビ。
観ようともせずに、i-podを再生させ音楽で自分を取り戻そうとしていた。
もちろん、テレビの音量はゼロに近しい。

カレと電話をする約束をしていたので、少ししてお風呂に入りドライヤーで髪の毛を乾かし、ふぅっとため息をついてやっと、私はテレビに目を向けた。

13年間、会えなかった夫婦。
医者を目指す娘のために、細々と暮らす夫婦。
お互いに様々な思いがあったと思う。
会えるまでの奥さんの笑顔。旦那さんの笑顔。
最後、別れる時の二人の表情。不器用な別れ。
本当に涙が止まらなかった。自分のコトのように、胸が引きちぎれるかと思った。

空港で奥さんが『あの人を疑っていたこともある』と言った時、なんだか真の強さを感じた。

私もカレを疑っていた時がある。
しかもそれを口にしてしまっていた。
そこからは何も生まれず、お互いに信頼が薄れていくだけだった。

けれど奥さんは旦那さんを信じていた。
異国の地でたった一人働く旦那さんを信じて信じて、愛して生きてきたのだと思う。

一緒にいられないと意味がない。
そう思う私もいるけれど、昨日の夫婦はお互いに支え合い心を寄せ合って生きてきたのだなと思うと、本当に涙がいっぱい出た。
時間が作りあげた夫婦の絆を痛いほど感じた。

私もいつかお互いを心から思いやり、しっかりと結ばれた相手に出逢いたい。

いつか機会があったら、みなさまも是非観て下さい。

昨日、途中からでも観られてよかった。
久し振りにテレビの力を感じました。

いや〜、なんといっても編集がよかった。
二人が会うまでの時間と、会った時に変に感動を求める演出がないのと、別れた後の余韻が心に染みてきた。これは本当にディレクターと編集マンの腕だと思うな〜。
つい一人で『憎い編集だね〜』と言ってまた泣いてしまった。
[PR]
by mugi-yumicos | 2006-11-04 13:52 | 道草

大人の絵本タイム

バムとケロのにちようび
島田 ゆか / 文溪堂
ISBN : 4894230429
スコア選択:


連投ですが・・・。
かえるさん見てるかな?
かわいい家族が増えたようなので、こっちも見てみて下さいな〜。
ほっんとにかわいいの〜。
大人にもオススメの絵本です。
[PR]
by mugi-yumicos | 2006-11-04 13:21 | 道草