花、空を想ふ~道草をくらう友の会


むぎ                   人生の道草をくおう。              モノ作り、道草、恋のお話。
by mugi-yumicos
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:恋のお話( 55 )

優しいケンカ

日曜日、カレと電話で大喧嘩をした。
お互いに言いたいコトを言ってしまったって感じ。

私もね、心のすみっこで『言うな言うな』って気持ちがあるのに言わずにはいられなくて、もう終わりだと思った。特に私は理詰めで話すから、相手を一層怒らせる・・・。

2時間くらい?かなり長い間、結構傷付け合って、恋人として合わないとも言われた。
でもね、カレは感情論で言葉を発するから気にしなかった。
いや、気にはするけど後々までウジウジ思わなかった。

そうやってね、酷いケンカをしているにも関わらず笑いを取ろうとしてしまう二人。
笑い合ってもまたケンカ。仲直りのきっかけが解らない感じ。

でもね、よく考えると変な理由だった。
お互いがお互いに対して誤解したり、変に勘ぐっていたりがきっかけ。
最後の方は何が何だか解らない状態・・・。相手が『右』って言ったら、もう一方が『違うよ右だよ』って言う感じ。ぐちゃんぐちゃん。

気が付けばいつのまにか二人共冷静になってた。
そして気分転換に『一年生になったら♪』の歌詞の謎を話して終了。
(友達100人作ったのに、富士山の上で100人でオニギリを食べてるとはなんぞや?101人じゃないの?一人何処行ったの?何があったの?)っていう大人げない会話。
↑突っ込まないで。ごめんなさい。

ケンカで一層、カレの心は離れていったかも知れない。
けれどね、最後にカレ『また明日電話するから』って言ったの。
その言葉が嬉しかった。

結局今日は、仕事のコトで何度も何度も連絡を取っていた。
昨日のコトは何もなかったみたいに・・・。
仕事場で会おうともしていた。私が打合せで叶わなかったけれどさっ。

カレはケンカが大嫌いみたい。
けれど私は別に、それが優しいケンカなら嫌いではない。
最後に得るモノがあるのなら、私はケンカは嫌いじゃない。
私はきっとまた、カレを解りたくて解って欲しくてケンカをしてしまうと思う。
[PR]
by mugi-yumicos | 2005-11-08 02:32 | 恋のお話

カレの勘違い

今日の朝、カレからの電話で起きた。
『朝から誰〜!?』と思って出ずに、後から携帯を見たらカレだった。
志村けん並に画面を二度見しました・・・。

昨日、電話する約束していたの。
けれどカレは鼻提灯を作るのに必死だったごようす。

そしたら朝に掛けてくれたの。かなり珍しい!
『午前3時起きだったから〜』と弾むような声で話し出した。
『収穫祭どうだった?』『寝起きの声だね〜』と朝とは思えないテンション。
でね、ずるい私は30分くらい話をしてから『また夜掛け直すね』とごまかして、電話を細切れ作戦。

朝の電話はかなり嬉しかったけれど、やっぱり一日の終わりに声が聴きたかった。
カレの声を耳に残したまま、夢を見たかったから。

仕事場へ行って少し経つと、カレが現れた。
なのに私ったら、仕事場のあまりの汚さに辟易して大掃除中。
ホコリとマスク付き。
少し話をしたけれど、みんなもいたから黙々とシンデレラ状態で掃除した。

いつの間にかカレはいなくなっていたけれど、夜また電話出来ると思ったら嬉しかった。

・・・&More
[PR]
by mugi-yumicos | 2005-11-05 02:15 | 恋のお話

届けたいキモチ

昨日は飲みに行きました。

帰ってから一度PCを開いたにも関わらず、ダラダラと眠ってしまった・・・。
化粧も落とさずに・・・。ま、『私、ファンデーションは使ってません』だからいっか。
でもきっと、マスカラとか落とさないとダメなんだろうね。

昨日の仕事中、カレから電話があって仕事の話。
私は外にいたので掛けなおすと言ったけれど、10分くらいここ最近の話をして、たわいもない会話で盛り上がった。
カレと電話をしながら色々と歩き回っていたら、気が付けばそこはクリスマスコーナーだった。

ツリーや電飾に囲まれてカレとの電話の余韻にひたっていたら、余計にカレが愛しくて一人で笑っていた。
で、そのキモチをどうしても伝えたくて色々と考えて、とある方法で伝えてみた。

きっと無反応だと思って気にしていなかったけれど、すぐにカレから『ひま人』とメールが来た。そのメール自体がカレの反応。優しいキモチ。

そういつもいつもキモチを伝えても、カレには重いのではないかと思っていた自分がいる。
けれど、届けたい時に届けたい形でキモチを伝えるコトは、やっぱり必要だと思う。
私達のように、素直でない意固地モノは特に。

こんな日常の中でも、あなたを想うのですよー。と優しく届けるコトが出来るなら、そのキモチが本物ならば、いつかきっときちんとした形でカレに届くのではないかって思う。
いや、届いて欲しいという願望でしかないのだけれどさ・・・。

今の私の原動力。
それはカレを想うキモチ。
それをいかにまぁるく届けるか。

恋愛至上主義だけでは生きていけないと思うけれど、たまにはそんな日があってもいいんじゃないかな~。

おっ。ロマンス細胞が動き出した。
でももう、私は焦るコトはない。
[PR]
by mugi-yumicos | 2005-10-27 16:52 | 恋のお話

恋の駆け引き

今日は恋のお話。
先程、カレと少し電話で話をした。
まぁとっかかりは仕事のコト。

昨日のオフ会の話をして『控えめだって♪』と言ったら『それは違うな』と冷静に言われてしまいました・・・。
カレは、ももカフェで私が日記を書いていたコトを知っている。
が、カレはネットとは無縁もいいところ。なので全く読んでいません。
まぁ、読まれちゃ困るけどさ〜。

今日は、何となくいい方向へと会話が進んだ気がする。
だから『ぎぅぅってしてくれる?』と聞いてみた。これはかなりの賭け。
いつもこの問いにどう答えるかで、カレの気持ちを計ってきた。
カレは『むぎゅっ』と一言。これはいい方向。

ついでに『あれ何だっけ!?お月見の時に使う・・・何だっけ!?』と問うてみる。
『ん?何?すすき?』ここでつかさず『えっ!?今好きって言った!何々?好きって言った!?』(今年で28になりました、私)
カレは普通に『言ってないよ』と言った。そんな普通に返さんでも。
でもその後少し優しく笑ってたけど。
実はこれもいい方向。

会話の一つ一つに、カレの気持ちを探してしまう。
言葉の後の見えない表情を覗いてしまう。
前はカレの言葉を直球で受けて、落ち込んでいた。
けれどそれは違う。それは逆に、不器用なカレを傷付けて二人の距離を遠ざけていた。
ちゃんとカレの言葉の裏を読んで、声のトーンを聞き分けなきゃいけない。
そうしないとまた、カレを傷付けてしまう。

今日、カレは眠りにつく前に、私にぎぅぅぅってしてちゅってしてくれるって。
覚えていたらなっ。とガキ大将のように言われた。
けれどそれだけで、何だか世界中に守られているみたいだ。
[PR]
by mugi-yumicos | 2005-10-24 23:51 | 恋のお話

神さまのイタズラ

仕事がいっぱいいっぱいになりそう〜。

今度の上司もひとくせあるようで、周りからすっご〜く心配されてます。
『そんなに!?』と聞くと、皆が皆『うん』と頷く・・・。『いや、でも勉強になると思うし』と言うと首を横に振る。『精神的に参らないでね』と。今まで下についた人は皆参っているらしいです・・・。一人残らず・・・。
・・・これから5ヶ月。ちょいと恐い。

そして、幸か不幸か
・・・カレも同じチームになりました。

お偉いさんからのご指名。
カレは結構ご指名される。私は勿論カレを色眼鏡で見ているけれど、他の人をも惹き付ける何かがあるんだろうな〜。

何となく、一緒になるかもって予感はしていた。(こないだ書いた『10月にラッキーなコトが起こるかも!って予感はコレかもなぁ)
けれどそれは願望でもあって、私にはどうにも出来ないコト。
だけどね、そのお偉いさんに『あいつに連絡取っておいて』と言われて、一瞬飛び上がるかと思った。まさか願いが叶うとは!

だけど『私の電話は出ませんが・・・』と言ってしまおうとも思った(笑)
他の仕事のコトで連絡をしても、本当に返事がなかったから少し困ってたの。

けれど『お偉いさんからのご指名です。でも私と仕事をするのが嫌なら、自分で断って下さい』とメールしたら電話が来た。
本当は色々話をしたかったけれど、取り合えず仕事の話をして終わりにした。

ゆっくりね。ゆっくり。
仕事場で会えるなら自然に笑顔をおくるコトが出来るし、カレにも認められるようにもっと頑張れる。
上司のコトは不安だけれど、何にしてもスタートって少しの不安が付き物だしね。
今は『やってやろうじゃないのっ!』という気持ちです。

せっかく素敵な仕事に巡り合えたので、楽しんでこなそうと思います。
[PR]
by mugi-yumicos | 2005-10-19 23:30 | 恋のお話

心のまとめ

何か、よくよく考えると、私はカレに避けられているんだよね・・・。
慣れって怖い。『まぁ、いつものコトか』くらいにしか落ち込んでないや。
勿論、笑顔をおくるつもりだけれど・・・。

やっぱりよく考えたら、カレの心情は『私が本当に好きなのか不安』ってコトだった。
だから私に他の人がいるんじゃないかって怒り出し、『大好きだった』と言うと後々、過去形だったコトを指摘される。(私としては振られたから一応気を使ったのだけど)

だから『傷付いた』と何度も言ってくるのだろうか?
その傷が何ナノかははっきり言わない。

私が気が利かなかったのかも知れない。
電話をくれるカレを
逢ってくれるカレを
手を繋いでくれるカレを
もっと気が付いてあげればよかったのかも知れない。

当分、カレに対してもっといっぱい気持ちを伝えてみようと思う。
今までの伝え方では気持ちが伝わらないのなら、ちょこっと勘違いでもいいからもっといっぱい伝え続けようと思う。
こないだ逢った時のカレを見て『嫌われてる』とはやっぱり考えられない。
嘘の付けない人が、その場の雰囲気で手を繋いで来るとは思えない。
眠たいのに、朝方までの映画に付き合うとは思えない(しかも朝も早よから仕事だったみたい・・・。知らなかった)

いつもと何ら変わらない内容ですが、自分で自分の心を再認識してみました。

あっ。今日の出来事。
家の電話が開通〜!
ホントは昨日の予定だった。けれど昼まで待っても繋がらない。
で、私の居ぬ間に家族&親戚5名がマイホームで酒盛りをしたので、ムーミン谷帰りに電話してみると『まだ繋がってないよ』との返事。(←ってか、私の家は居酒屋か?)
なので今日の昼に問い合わせてみたら、すぐにNTTさんが来てくれて一件落着。
仕事が早いね〜。助かりました。
早速、先程友人とFAX交換しました。家電も捨てたもんじゃないね。
[PR]
by mugi-yumicos | 2005-10-16 22:49 | 恋のお話

恋の時間

昨日は朝から落ち着かなかった。
いろんなコトを考え、泣いたりドキドキしたりと忙しかった。

カレに逢えたのは23時過ぎで、そこから恵比寿へ向かって焼き肉。
何だか当たり前の時間のようで、別れてから一年経ったとは思えない程自然だった。

二人の時間は本当に楽しく、話は尽きなかった。
私は『話したいコトメモ』なんて忘れていっぱい話した。

レバーの苦手な私に、突然『はい』と無理矢理自分のお箸で食べさせてくれた。
本当に私達、一年前に別れたんだっけか?と何度も錯覚した。

歩く時は黙って手を差し出してくれ、私はずっとにんまりしながら繋いだ手を何度も何度も大きく振った。かなりはしゃいでいたと思う。

本当は身体のコトを話さなきゃいけなかったのだけれど、『チャーリー浜と島倉千代子』(←突っ込まないで・・・)観たいと言ったら『行こう行こう』と言われて、ヒルズで夜中の2時半のを観るコトにした。
カレは他に観たいのあったみたいだけれど、私に合わせてくれた。めんぼくない。

映画が始まる前『手を掴んでもいい?』と聞いたら『ヤダ』と言われたけれど、いつの間にか黙って手を差し出してくれていた。

今朝の6時まで車の中で話をして、身体のコトになったらケンカになった。
仲直りをして『次いつ会える?』って聞いたら『解らん。明日かも知れんし明後日かも知れない。でも解らない』と言われた。
けれどまたケンカになり『今日は電話しないで』と言われた。
私が落ち込んでいると『今日はって言ったでしょ?今日は電話しても逢ってもケンカしそうでしょ?』とたしなめられた。
身体のコトはケンカの原因になってしまう。ホント早く治さないと。

長かった一年、途中何度も仲良くはなったけれど、それはとても不安定なモノ。
けれど昨日はお互いにまた、少し近づけた気がする。
なんか本当に楽しかった。

カレはね、私が前にあげた腕時計をしていたの。何も言わずに・・・。
サイズ調整もしておらず、ブカブカ言わせながら黙ってつけていた。
たぶん、カレなりの優しさだと思う。

『つけてきた』とも言わず、いや言えないカレを本当に愛しく思う。
私は何故、こんなに純粋な人を忘れようとしていたのだろうか。

さよならは言えなかった。
またねと言った。

カレからの『好き』を取り戻すまで、もう少しブログは続きそうです。
[PR]
by mugi-yumicos | 2005-10-09 23:11 | 恋のお話

友人の評価

こないだの予感よろしく、なかなか好調な秋のはじまり。

仕事は少し落ち着いて、平日の雨降る午後、カフェでメープルシロップたっぷりのワッフルも堪能し、素敵な色のVネックセーターに魅了される時間もある。

ちょっとした道草をたんまりくえる。オナカいっぱい。

昨日は友人とのお泊まり会。
モツ見込みと美味しいチーズを用意して、夜中の1時に友人を招き入れた。

ワインをいっぱい飲んで、彼女のはじまりかけた恋の話で盛り上がる。
恋のお相手も私の友人。何だか見守りたい気持ちでいっぱい。

大人として、話していいコトといけないコトの線引きはきちんとしているつもりだった。

・・・&More
[PR]
by mugi-yumicos | 2005-10-07 03:40 | 恋のお話

その時カレは

・・・昨日の予想通り。
やっぱりカレは、ひょいっと眠ってしまっていたらしい。

今日、何とか連絡がついて、色々と話をしてから『昨日どうしたの〜?』と問うたらば『聞いてくれよ〜』といきさつを話してくれた。
私は笑って『眠り姫め〜』とか言えるけれど、周りは呆れているんだろうな。
何だかそういうのが悔しいんだよね。

昨日の病院の話と、これからの色々なコトを話した。
仕事の引き継ぎ放置のコトも聞いてみた。また明確な答えが返ってこない・・・。
だけれども、何とか逢う日を決めた。まだ解らないけど。

私は飲み会の時間が迫っていたので『掛け直すね』と切った。
まぁ案の定、掛け直しても出ないんだけどね。ただ声が聴きたいってなら解るけれど、業務連絡さえも繋がらないってどうなの?ふぅ〜。

飲み会は、お酒を飲まずに過ごした。周りから『何で飲まないの?』と聞かれる度に返答に迷った。本当の理由なんて言えません〜。
あ〜、お酒が飲めないストレスから自棄酒をしそうだ。

いやいや、今日買ったブーツでも眺めてじっとガマンの子。
[PR]
by mugi-yumicos | 2005-09-28 00:39 | 恋のお話

信じるキモチ

結局、50時間も仕事場に・・・。
終わったのは今朝の10時。

帰って寝ると、夜中に起きてしまうと思ったので、そのまま病院。
注射をされ、また検査。身体がちょっとひどくなているみたい。
お酒禁止令が出てしまった・・・明日飲み会なのに。

そして電車に乗ってお買い物。
『眠るな〜。ここで眠ったら終わりだぞ〜』と自分に言い聞かせ、歩き回った。

なのになのに、家に帰ったらバタンQ。16時くらいから23時くらいまで(泣)
まぁ仕事で50時間も起きていたから(30分くらいはウトウトしたが)今からでもまた素敵な眠りにつけるはず・・・。

が、少しショックなコトが。

・・・&More
[PR]
by mugi-yumicos | 2005-09-27 03:10 | 恋のお話