花、空を想ふ~道草をくらう友の会


むぎ                   人生の道草をくおう。              モノ作り、道草、恋のお話。
by mugi-yumicos
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

さぁて、かぼちゃでもくり貫きますかな。

いやいやいやいや・・・。

なんとか扁桃腺もおさまり、
銀座をぶらり。
電車に乗って遠い街をぶらり。
秋を探してぶらりとしています。

そんなわけで、今日はハロウィンなわけですが・・・。
仕事をしていない昨今、一人でかぼちゃをくり貫くにはなんとも気合いが必要なわけであります。

けれどもはや義務でもある。
かぼちゃの画像を友人知人に送らにゃ気がすまん・・・。

今日は一日中、篭って作業を考えていたけれど、今からかぼちゃを買いに行こうかなぁ。

恋愛は順調です。
彼は私の声を好きだと言ってくれる。
彼は私と重ねるメールの言葉を好きだと言ってくれる。
彼は私を取り巻く空気を好きだと言ってくれる。

今は離れなければならない未来は考えていないけれど、たまに独り思う。
あなたが私の唯一無二の人だったら?
あなたの全てを愛しいと想う気持ちが薄れるコトないものだったら?

その時私たちはどんな答えを出すのだろう・・・。

どのみちやっぱり、彼からの気持ちが眩し過ぎる。勿論いい意味でね。
恋愛ってそういえばこんな風に、柔らかくほんわかしたモノだよねって思う。
逢う約束はいつも彼から。私が逢いたいと思う前に、彼からの気持ちがまっすぐに届く。

幸せになれていないと、なんだかぎこちない。
照れますな。
[PR]
by mugi-yumicos | 2007-10-31 14:15 | 果てしなく続く人生
<< ひとやすみ。 秋の会報。 >>