花、空を想ふ~道草をくらう友の会


むぎ                   人生の道草をくおう。              モノ作り、道草、恋のお話。
by mugi-yumicos
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

事実の中に潜む真実

世の中、本当に世知辛いもので・・・。

どんなに心から好きで好きで好きでいても、叶うコトのない恋もあれば、
どんなに願っても願っても願い続けても、叶うコトのない夢もあれば、
どんなに伝えて伝えて伝え続けても、届かない思いもある。

誰かを守るために、誰かの人生の全てを守るために、自分の生活を犠牲に出来ますか?
真実を隠して、守った誰かを恨むことなく自分の人生を全う出来ますか?

それが家族だったり気の置けない友達だったり、愛する人のためだったら私も大きく頷くと思う。勿論事柄にもよると思うけれど・・・。

ある人はそれを成し遂げました。
真実は一つなのに、その人自身は何も悪くないのに仲間を守りました。
自分の人生に傷が付いても『あいつを守るんだ』と、真実を知らせぬままでいます。

真実を知らない人々は、その人を責めました。憎悪と醜悪の言葉で包みました。
普段のその人を見ていれば、曇りのない眼で見ていれば本当のコトは解るはずなのに・・・。

私は『あの人はそんな人じゃない』と何人にも伝えてきました。
けれど『あの人がそう言った。お前は騙されてる』と、私のような若造の言葉は届きませんでした。その人達の気持ちも解る。けれど真実を知らずに悲しい言葉で包むコトが辛い。

年月を重ねて、他の子から真実を聞かされました。
真実はやっぱり一つしかなかった。
それを聞いて、本当にもどかしい気持ちになったけれど、その人の気持ちを考えると私はただ傍でくだらないコトをして笑わせるコトしか出来ない。
その人が守ろうとしたモノを私が無闇に壊すコトは出来ない。
それがとても悔しい。

真実を聞いて、涙が出そうになった。
そこまでして言わば他人を守るのは容易ではないと思う。
一層、人を信じるコトの素晴らしさを知った。真実を見極める大切さを知った。

誰かに流されてもいい。
長いモノに巻かれてもいい。
それは人のやり方でもあるから、簡単に否定は出来ない。
けれどけれど、どんなに偉くなってもどんなに立派な人になっても、
誰かをとことん信じる心はなくさないで欲しい。
人目や名声を得るための慈善をする前に、まず自分の半径100メートル以内の人に思いやりを持って欲しい。

周りがどんなに事実なんだと唱えても、自分でしっかりと真実を見極められる人になりたい。
大人の事情もあるかも知れないけれど、そんなんだったら私は子供のままでいい。

よく解らないけれど、人に言うコトも出来ないので・・・。
あー。カレーでお腹いっぱいになったから、ゆっくりバスボムでもいれたお風呂に入ろうっと。
[PR]
by mugi-yumicos | 2007-01-28 20:35 | 果てしなく続く人生
<< くだらなく長いのでコーヒー淹れ... カレー修業 >>