花、空を想ふ~道草をくらう友の会


むぎ                   人生の道草をくおう。              モノ作り、道草、恋のお話。
by mugi-yumicos
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

いい仕事しまっせ。

予告通り、記事を消してみました・・・。
仕事柄あまり特定されてしまうのもなんなんで、消させて頂きました。

どはー。ホントだね、私っておまぬけだ。
ゆづき りあちゃんとはなっこちゃん。コメントありがと〜。
そうだよね。そりゃコメントも消えまっせ。すんません。
お返事・・・彼は生まれ持っての役者だな〜って思うよ。だからそんなパワーやオーラがあるのかも。それはパン屋さんでも靴職人でも同じ。『魔女の宅急便』でいうトコロの『血』なんだろうね〜。


最近、時間にゆとりがあって本当に嬉しい。
自分の家でごはんを作るってのが、本当にすんばらしい。
しかも実は、去年の暮れに炊飯器を頂いちゃいました!
とてもお高いらしい。普通の値段なら二ケタらしい。(さがせばもっと安いと思う)
すごー。すごー。
と思って炊いてみたら、本当に美味しい。

白米をカレに炊いた。感動した。
玄米&黒米を友人に炊いた。感動した。(浅草寺でおばあちゃんに誉められた時)

そして仕事場の方々に、あまりにも私が『美味しい美味しい』と言っていたので、
『仕事場で炊け』と命じられた・・・。
炊飯器を電車で運ぶんですかい?29の女が片手に炊飯器を持って電車に乗るんですかい?かまいませんとも。
話が盛り上がり、人生で『乗りが悪い』のと『大人の口約束』が20番目くらいに嫌いな私は、これで本当に持ってきて炊こうとしたら、影で【あいつ本気にした】とか逆に何もいじらないで終わる・・・なんてこたーならんだろうかと不安になった。
『まぁ影では言わないけれど心で【この子本気にした】と思う』と上司に言われたけど。

え〜持って行きました。
電車に乗ってがたんごとんと、かな〜り重い炊飯器を運びましたわ。
さすがに渋谷や六本木を裸の炊飯器を持ってウロウロする勇気はなく、袋には入れましたが・・・それでもかなり怪しかったと思われ。

で、案の定『アホや。本気で持ってきた!』と言われたけど気にしない。

おかずを調達して、ごはんを炊きました。
周りの人には『何?室内キャンプ?』みたいな顔をされたけれど、堂々と炊きました。
まぁそこの仕事場は出前が主流だからね。こんなんしている人は初めてだったみたい。

で、皆に食べてもらったら『うめーうめー』『本当に美味しい』と大好評。

いや〜いい仕事したぁ。炊飯器が。
ってか重過ぎて持って帰る気にならないわ。
[PR]
by mugi-yumicos | 2007-01-20 01:03 | 果てしなく続く人生
<< 時間があればあるで・・・ 変わらぬ新年。 >>