花、空を想ふ~道草をくらう友の会


むぎ                   人生の道草をくおう。              モノ作り、道草、恋のお話。
by mugi-yumicos
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今更。

遅くなりました。
みなさま、メッセージありがとうございます。

やっぱりカレは私の誕生をすっかり忘れていて、一日遅れでオメデトメールをもらったのでした。嬉しかったけど。

最近、本当に身体も心もヘットヘトでした。
仕事に対する思いよりも疑問の方が上回ってしまい、若干のストレスを感じずにはいられませんでした。

そんな中でもカレとはたまぁに電話で話していて、身体に対する不安と人に言えない不安をぶつける日もありました。

逢いたいと何度言葉を重ねても、逢うコトが出来ない現実。
未だチラチラしてくる元カノさん達。(ホントもうそろそろいーっしょ)

カレに対して優しくありたいと思っても、心が弾けてしまう時もあるわけで。

とうとう私達はまた、喧嘩をしてしまいました・・・。
私はカレの気持ちをきちんと考えていなかった。

誕生日を忘れるのも、少しも逢う時間がないのも、カレの方から連絡があんまりないのも、カレにとって私は大切じゃないからだと思ってた。

こんな中途半端な時間ばかりが過ぎて、私達は何も進まないじゃないのって。

けれどカレは、電話で言いたいコトをガーガー言う私に『俺も変わろうとしているんだ。ちゃんと色々考えているんだ』と言った。

知らなかった。いや、気が付かなかった。
カレをずっと見てきたはずなのに、カレをずっと想ってきたはずなのに、私は結局カレの心の奥をみていなかった。
よく考えれば、前のカレとは全然違う。
忙しくても電話に出てくれるし、逢えない時間へのもどかしさや仕事のイライラでお互いに喧嘩腰になりそうになっても、カレが『あっぶな。今喧嘩になるトコやったね』と優しくなだめてくれる。

お恥ずかしながら、私は一歩も成長せずにカレに甘えてばかりでした。
ももカフェ日記や(もはや道草をくっていない)ココで、色んな人に応援してもらって元気をもらっていたのに、変わっていないのは私でした。
別れても好きな人。演歌ばりにカレをひた向きに想っているように見せかけて、実は私ってば何も考えていなかったのかも知れない。

本当に情けないし恥ずかしいし、自分がくだらない。

一昨日、四ヶ月ぶりくらいにカレにちょこっと逢いました。
そこでも喧嘩になりながら、お互いに気持ちを話し合った。
こうも喧嘩ばかりだと、俺達気が合わなくて無理なのかも・・・とカレは言った。
確かにそう思う。
意地の張り合いがそうさせているってお互いに解っているのだけれど、仕事でヘトヘトの時はやっぱり声を聴くだけで安心したい。ケンケンした雰囲気だと電話するコトも嫌になる。そんな当たり前のコトを解っていながら、私は心のどこかで『私ばっかり辛いのかな』と思っていたのかも知れない。

大切にしたいのに、相手に思いやりをもてないんじゃ一緒にはいられない。
思いやりを持っていたつもりだったけれど、それがカレに伝わっていないのならナンの意味もなさない。ただの自己満足でしかなかった。

喧嘩もね、嫌いだけどたまにはいいコトもあると思う。
普段照れ屋過ぎるカレと、何も言われないと自身のない私にはたまぁにホントにたまぁに、こうしてお互いに気持ちをぶつけあうと解るコトもある。

本当のところ気が合わないのかも知れないし、いつまでも平行線を辿るのかも知れないけれど、こうして想いがある限り、私はカレのそばにいたいと思う。

もう一度、カレの言葉で好きと言ってもらいたい。

気が付くのおっそいよ。と自分に突っ込みをいれながらも、カレを大切にしたい。
まぁ、大切だし一緒にいたいのに『好きではない』というカレの心は解らないけれど、情なのだろうか?とも思うけれど『俺のマイナス言葉は信じるな』と言われたので、そこら辺は気にしないでおこう。

私っていつまでも子供のままだな・・・。
[PR]
by mugi-yumicos | 2006-08-16 11:06 | 恋のお話
<< 消えた思ひ出 今年もまた >>