花、空を想ふ~道草をくらう友の会


むぎ                   人生の道草をくおう。              モノ作り、道草、恋のお話。
by mugi-yumicos
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

年齢。

どうでもいい話ですが・・・。

最近、気になるキーワード。

それは
サバ。鯖。さば。

近ごろ、色々なトコロでサバを読む女性に遭遇していた。
その人が読む行為に対しては、何も思わない。
けれど『素敵に歳を重ねよう』がモットーの私としては、何故だろうという思いがある。いくつになっても素敵でいたいじゃないっと。

まぁそれは個人の意見だから置いておいて・・・。

同年代の友人数名に『サバ読んだコトある?』とアンケートをとってみた。
『今はないけど、友達でいたな〜。干支までばっちりなの』
『いや、ないな〜』
とサバは読んではいなかったようだが、皆口を揃えて『でもむぎは自覚が足りな過ぎ』と口を揃えて言い放った。
それは私があまりにも年齢の云々を考えないから・・・。
結婚の話が出ても『ふ〜ん』だし、美容の話になっても『あらそう』だから・・・。

と、言うコトで私の周りの女性陣は、サバを読んでいないコトが判明。

が、ある飲みの席でのコト。
私と男の子3人というメンバー4人で飲んでいた。みんな同じ年。
会話の流れで一人のゲイの子がこういった『俺らって・・・・今年みんな29歳じゃない?』

ん?何故、今沈黙?しかも一瞬、ほのかに25って言った?
と思いすかさず突っ込みました。あー突っ込みました。
『もしやあなた!サバを読んでないだろうね?』と。
『当たり前じゃん。あねご(私のあだ名)何いっちゃってる訳?18歳の時もあるわよ。若くみられたいに決まってるじゃない!』・・・どんだけ?
まさかこんなところに、サバを読み上げてる人がいるなんてっ!

やられたわ。
若くみられたい・・・。この言葉に完敗だ。
[PR]
by mugi-yumicos | 2006-05-08 23:41 | 果てしなく続く人生
<< カレからの言葉。 一緒に住むというコト。 >>