花、空を想ふ~道草をくらう友の会


むぎ                   人生の道草をくおう。              モノ作り、道草、恋のお話。
by mugi-yumicos
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

素敵な贈りモノ

カレとのホワイトデー。

どうせ忘れているんだろうなって思っていた。
仕事が終わって、帰るときにカレが『渡したいモノがあるんだ』と言われ車に乗った。
私が想像していたのは、お菓子。
時間がないといつも言っているカレは、きっとコンビニで何か買って来てくれたのだろうと思っていた。
カレが『飾りっ気なくてごめん』と言って渡してくれたのは、小さなハコ。
中でカタカタと音がしたので、私が昔あげたジッポが戻ってきたのだと思った。
私がすぐにジッポをなくすので、使っていないならちょーだいと何度か言っていたから・・・。

その小さなハコをあけたら、中にはネックレスが入っていた。
『似合うと思ったけれど、ちょっとゴツイかな』とか『気に入らないかな』とかカレはたくさんの言葉を並べて、私の反応を見ていた。

確かにね、ちょっとゴツイのかも知れない。
ハシゴがモチーフになっていて、なんだか不思議なデザイン。
けれどね、それをカレが選んでくれたんだって思うと、言葉が出なかった。
なんだかカレらしいネックレスでね。それが一層愛しさを増したの。

家の近くで車から降りて、カレがつけてくれたネックレスをしっかりと握り締めていたら
やっぱりなんだか涙が出た。

別れたコト。
守られなかった約束。
『もう好きにならない』という言葉。

そんな日々を過ごしてきたから、まさかこうやって素敵なモノをもらえるとは思わなかった。
本当にカレを諦めないでよかったと思う。
家に帰って、お風呂の中でもずっとつけていた。
嬉しいのに、何度も何度も涙が出てきた。

本当は14日に書こうと思ったけれど、なんだか自分の中でひっそりとあたためたくて・・・。

いつかちゃぁんと想いが伝わるように、毎日を輝いて生きていきたい。
[PR]
by mugi-yumicos | 2006-03-18 15:13 | 恋のお話
<< 終わった~。 魅惑のほくろ >>